外出介護のタグ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

タグ:外出介護

外出介護のタグが付いた記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2017-12-09 認知症・生活の工夫
 外出先では歩行の遅い母江さんを待たせて、パパッと用事を済ませる事がよくあるのですが… 待っててもらう周囲をよく見ておかないと寒い思いをさせてしまったり、本人が耐えられなくなって一人で場所移動してしまったり…と結構キケンな事態になってしまう恐れがあります。 周囲に本人が嫌な事がないか確認 暑さ寒さもそうですが、母江さんの場合、子供の奇声(?)がものすごく苦手。一発でその場を離れてしまいますから近く...

記事を読む

2017-11-01 高齢者の心と身体
 座っているのは車両侵入禁止の柵です。ちめたいw でもこの柵、買い物帰りのお年寄りに大人気で時間帯によっては先客がいて座れないんですよ。  厚労省は高齢者の自立に力を入れているようですね。 同時に 「まちづくり」 にも力を入れていただけないかしら…。  あ、アッチは国土交通省か。えーと、こっからは夢物語です。 わたしが常々 「そうだったらいいのになー」 と思ってる...

記事を読む

2017-03-28 高齢者の心と身体
この後、大福と甘夏を買わされゴキゲンで帰宅しましたはじめての場所へ行く際は下調べをしていくべきなのですが、この日はうっかりしてしまいました。一度出てしまうとペースは高齢者に合わせないとならないのでなかなか介護者の自由がききません。入口などでパンフレットを頂いて二人で確認しながら進めばよかったかな。今回はたまたま欲求が食い意地だったのでw母江さんがぶんむくれる程度で済みましたが、欲求がトイレだった場...

記事を読む

『ちょっと待っててね』の時に注意する事

ちょっと待ってて 

外出先では歩行の遅い母江さんを待たせて、パパッと用事を済ませる事がよくあるのですが…
待っててもらう周囲をよく見ておかないと寒い思いをさせてしまったり、本人が耐えられなくなって一人で場所移動してしまったり…と結構キケンな事態になってしまう恐れがあります。


周囲に本人が嫌な事がないか確認

暑さ寒さもそうですが、母江さんの場合、子供の奇声(?)がものすごく苦手。一発でその場を離れてしまいますから近くに遊戯場やゲームなどがない場所がベスト。
きっと介護されてる皆さんそれぞれ
「ウチのおばあちゃんは◯◯が苦手なのよね」
と、何かしら思いつくのではないかしら。

気温、騒音、ニオイ、人通りの多さ、見通しの良さ…
こだわりが強すぎるのも認知症の特徴ですものね。外出先だと100%避けるのは難しいですができるだけ安全安心な場所を見つけておきたいなぁと思いました。


ヒートショックとは

暖かい環境から急に寒い環境になると血管やら心臓やらがビックリして心筋梗塞や脳梗塞、失神などの状態に陥る事。入浴の際に起こりやすい事で有名です。

暖房のきいた部屋→寒い脱衣所→暖かい湯船につかる…

血圧が上下しまくってヒートショックを起こすという訳です。

「うわっ寒いッ!」

っていう状況には要注意ですね。特に冬場の入浴時、高齢者のヒートショック発生率はとても高いそうです。

 

母江さんもそうだけど、私もそろそろいい歳なので気を付けないとなぁ。

自立支援に力を入れるなら「まちづくり」も大事

高齢化とまちづくり 
座っているのは車両侵入禁止の柵です。ちめたいw 
でもこの柵、買い物帰りのお年寄りに大人気で時間帯によっては先客がいて座れないんですよ。 
厚労省は高齢者の自立に力を入れているようですね。
 同時に 「まちづくり」 にも力を入れていただけないかしら…。 
 あ、アッチは国土交通省か。

えーと、こっからは夢物語です。 わたしが常々 「そうだったらいいのになー」 と思ってる事を書き殴っていきます。 
 

歩道を広くして~

歩道が広くなったら介護者と高齢者が並んで歩ける! ウチの近所は一人通るのがやっとの歩道だらけです。 並んで歩けば楽しいし、高齢者が転びそうになった時にも対応できます。 今の狭い歩道にベンチなんて置いたらそれこそ視覚障害者の方や車椅子の方の大迷惑になっちゃう。 でも歩道が広くなったらベンチだけでなく車椅子スペースも、点字ブロックだってもっと広々と設置できると思うんですよね。

どーせ作るなら素敵なベンチにして~

雨にも負けず風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なベンチが欲しいです! 
デザイナーさんの力の見せどころですよ!雨が溜まらずすぐ乾いて冷たすぎず熱すぎずなベンチがいいな~ ニューヨーク市のサイトには 「ベンチが欲しい所あったら教えてよ。検討するからさ」 って書いてあるらしいですよ。惚れる!

公園の入り口の数を増やして~

公園って入口少なくないですか?
もっとガンガンに入口作って欲しいです。数メートル歩くのがヒーコラな高齢者にとって公園のベンチはありがたいものです。でも入口が少ないから公園に入るのかなり大変なんです。角を曲がって…うわ!入口あんな遠くなの!?…もういいやガードレールにでもよりかかるわ…ってなっちゃう。

車道と歩道の段差を無くして~

車椅子やシルバーカー、歩行器、ベビーカーはあの2センチの段差、つっかえるんですよね。
 この段差は視覚障害者の方の為にわざと設置されています。
白杖や足で踏んでわかるように。 
であればあの2センチをなだらかにしてその上に点状ブロックを設置するとかどうですかね。 
あとタイヤが通る程度の幅で段差解消とか。 ていうかね!上手に解消している場所、沢山あるんですよ。
歩道の段差解消1 
こんな感じで段差がなだらかになっているのとか。この方が視覚障害者の方にもつまづかなくて良いのではないでしょうか?(ゴメンナサイ、そこらへんは伺った事がないので私の予想ですが…)

歩道の段差解消2 
これも「なだらか+線状の警告ブロック」です。車輪が通る隙間もあるので上手く通すとガタガタもしません。


 はー…すっきりした。 「言うは易く行うは難し」なのは重々承知でございます。
 歩道に関してはもう土地の所有問題から始めないといけないのでまったくもって夢物語です。
日本の街は狭いから…
 でもね、新しく街を作る時や何かを作りかえる時に、どうかケチらないでいただきたい。 長々と書いちゃいましたが、ひ孫の代まで住みやすい街になったらいいなぁと思うのですよ。

高齢者と楽しくおでかけする為に

高齢者とおでかけ
この後、大福と甘夏を買わされゴキゲンで帰宅しました

はじめての場所へ行く際は下調べをしていくべきなのですが、この日はうっかりしてしまいました。一度出てしまうとペースは高齢者に合わせないとならないのでなかなか介護者の自由がききません。入口などでパンフレットを頂いて二人で確認しながら進めばよかったかな。

今回はたまたま欲求が食い意地だったのでw母江さんがぶんむくれる程度で済みましたが、欲求がトイレだった場合は結構大事だったかも…。

せっかくの外出ですから、認知症で外出自体を忘れてしまっても「何だか楽しかったわ」という気持ちだけは残してあげたい。そのために事前準備をしっかり行いマイナスイメージ(排泄の失敗など)を残さないような工夫をしなければと改めて思いました。

ちなみにコチラの 高齢者・お散歩の準備と心構えに私なりのお出掛け注意点をまとめてあります。宜しければご一読下さい。

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます