筋力低下のタグ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

タグ:筋力低下

筋力低下のタグが付いた記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2018-03-17 高齢者の心と身体
「じゃ脱ぐ?」って言ったらすごい怒られました。一挙手一投足がとてもゆっくりでとても大変そう。ちょっとした事でもすぐに疲れてしまう母江さん。動きが遅くてイライラしてしまう…普段は何とも思わないのですが、急いでいる時、横断歩道などで車に待ってもらっている時、いつでも母江さんはマイペース。「お願い急いで~!!!」と心の中でついイライラしてしまいます。「筋力低下」「関節が曲がりづらい」には視覚イメージがな...

記事を読む

2017-11-01 高齢者の心と身体
 座っているのは車両侵入禁止の柵です。ちめたいw でもこの柵、買い物帰りのお年寄りに大人気で時間帯によっては先客がいて座れないんですよ。  厚労省は高齢者の自立に力を入れているようですね。 同時に 「まちづくり」 にも力を入れていただけないかしら…。  あ、アッチは国土交通省か。えーと、こっからは夢物語です。 わたしが常々 「そうだったらいいのになー」 と思ってる...

記事を読む

高齢者の筋力低下ってどんなカンジ?

筋力低下b
「じゃ脱ぐ?」
って言ったらすごい怒られました。
一挙手一投足がとてもゆっくりでとても大変そう。
ちょっとした事でもすぐに疲れてしまう母江さん。

動きが遅くてイライラしてしまう…

普段は何とも思わないのですが、急いでいる時、横断歩道などで車に待ってもらっている時、いつでも母江さんはマイペース。
「お願い急いで~!!!」
と心の中でついイライラしてしまいます。

「筋力低下」「関節が曲がりづらい」には視覚イメージがない

例えば欠損や機能障害で足が不自由…という方ですと見ただけで「大変そうだな」とわかります。
(勿論それはぱっと見ただけの感想で、不自由な事柄は氷山の一角でしかありませんが)
ところが筋力低下は、見た目には四肢もあり動きが緩慢なだけです。
「随分のんびりしてんなぁ」
という程度の感想になりがち。

そこで、
高齢者の日常生活ってのは一体どのくらい大変なのかしら?
と思って調べたら

というものがありました。
このキットでは健常者に
・腕に500g×2
・脚に1kg×2
・身体に4kg
の負荷をかけて関節の不自由さや筋力低下の日常を体験します。

という事は…
高齢者は日々大リーグボール養成ギプスを装着しているようなものかしら。
筋力低下2 

それは大変。
しかも寝ている時もお風呂の時もトイレだってもうギプスは外せないんですから。
目に見えないけど、ギプスや鉄ゲタを装着している姿を想像すると
「何でもない顔してるけど、いますごく頑張って歩いてるんだなぁ」
と、イライラがほんのちょっとだけ収まったりします。

※あくまで介護する側が想像するモノとしてこのような表現になりました。
厳密に言えば
『健康な私達が高齢者の疑似体験をするための負荷』
なので母江さんにつけるのはちょっと違うのですが、でも
「とっても大変で、すぐ疲れてしまうのは当然のこと」
という状態が想像しやすいかも…と思い描いてみました。
 カテゴリ
 タグ

自立支援に力を入れるなら「まちづくり」も大事

高齢化とまちづくり 
座っているのは車両侵入禁止の柵です。ちめたいw 
でもこの柵、買い物帰りのお年寄りに大人気で時間帯によっては先客がいて座れないんですよ。 
厚労省は高齢者の自立に力を入れているようですね。
 同時に 「まちづくり」 にも力を入れていただけないかしら…。 
 あ、アッチは国土交通省か。

えーと、こっからは夢物語です。 わたしが常々 「そうだったらいいのになー」 と思ってる事を書き殴っていきます。 
 

歩道を広くして~

歩道が広くなったら介護者と高齢者が並んで歩ける! ウチの近所は一人通るのがやっとの歩道だらけです。 並んで歩けば楽しいし、高齢者が転びそうになった時にも対応できます。 今の狭い歩道にベンチなんて置いたらそれこそ視覚障害者の方や車椅子の方の大迷惑になっちゃう。 でも歩道が広くなったらベンチだけでなく車椅子スペースも、点字ブロックだってもっと広々と設置できると思うんですよね。

どーせ作るなら素敵なベンチにして~

雨にも負けず風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なベンチが欲しいです! 
デザイナーさんの力の見せどころですよ!雨が溜まらずすぐ乾いて冷たすぎず熱すぎずなベンチがいいな~ ニューヨーク市のサイトには 「ベンチが欲しい所あったら教えてよ。検討するからさ」 って書いてあるらしいですよ。惚れる!

公園の入り口の数を増やして~

公園って入口少なくないですか?
もっとガンガンに入口作って欲しいです。数メートル歩くのがヒーコラな高齢者にとって公園のベンチはありがたいものです。でも入口が少ないから公園に入るのかなり大変なんです。角を曲がって…うわ!入口あんな遠くなの!?…もういいやガードレールにでもよりかかるわ…ってなっちゃう。

車道と歩道の段差を無くして~

車椅子やシルバーカー、歩行器、ベビーカーはあの2センチの段差、つっかえるんですよね。
 この段差は視覚障害者の方の為にわざと設置されています。
白杖や足で踏んでわかるように。 
であればあの2センチをなだらかにしてその上に点状ブロックを設置するとかどうですかね。 
あとタイヤが通る程度の幅で段差解消とか。 ていうかね!上手に解消している場所、沢山あるんですよ。
歩道の段差解消1 
こんな感じで段差がなだらかになっているのとか。この方が視覚障害者の方にもつまづかなくて良いのではないでしょうか?(ゴメンナサイ、そこらへんは伺った事がないので私の予想ですが…)

歩道の段差解消2 
これも「なだらか+線状の警告ブロック」です。車輪が通る隙間もあるので上手く通すとガタガタもしません。


 はー…すっきりした。 「言うは易く行うは難し」なのは重々承知でございます。
 歩道に関してはもう土地の所有問題から始めないといけないのでまったくもって夢物語です。
日本の街は狭いから…
 でもね、新しく街を作る時や何かを作りかえる時に、どうかケチらないでいただきたい。 長々と書いちゃいましたが、ひ孫の代まで住みやすい街になったらいいなぁと思うのですよ。
Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます