救急車を呼ぶべきb

救急車を呼ぶ基準とは?

 □呼びかけても反応がない。
 □普通にしゃべれない。声が出せない。
 □呼吸をしていない。息がない。
 □脈がない。心臓が止まっている。
 □水没している。沈んでいる。
 □冷たくなっている。
 □顔色、唇、耳の色が悪い。冷や汗をかいている。
上記の症状がある場合は迷わずに119番へ電話して救急車を要請しましょう。

本人は大丈夫と言うけれど…

上記には当てはまらないけど家族としては心配な時や、それほどでもない?(例えば顔色は悪いけど本人は元気、さっきはろれつが回らなかったけど今は普通に話せてる…等)という場合もあります。特に高齢の方は「そんな大げさな!」といって救急車はおろか病院への受診すら拒みがち。本人の拒否がある場合は無理強いも難しいですよね。

救急相談センターへ相談

消防庁では急な病気やケガの相談を原則24時間年中無休で受け付ける『#7119救急安心センター事業』の全国展開を推進しています。
 #7119に電話すると医者や看護師、相談員が状況、症状の相談を受けて、緊急性がある場合はそのまま救急車の要請をしてくれます。
その他にも、その時間に受け入れ可能な近辺の医療機関を紹介してくれたり対処方法を教えてくれたりと、悩んだ時には大変力強い味方になると思います。あらかじめスマホに入れておいたり電話の側に番号を貼っておいたりするといざという時あわてずにすむかもしれません。
※ただし、#7119は全国的に使えるものではなく、各自治体が別の番号で運営している事がありますのでお住まいの地域での電話番号やサポート体制については調べておく必要があります。 

家族の促しには否定的でも看護師さんの言葉だと通院する気になるかも?

 話は戻りますが、具合が悪そうなのに本人が通院を拒否されている場合、看護師さんからの言葉を伝えるとあっさりいく気になってくれる事があります。「第3者からの声かけ」ってヤツですね。本人の性格と状況によりますが、試してみる価値はあるかもしれません。
 (当然ですがあくまで緊急時です。毎月の定期通院を拒否されている方の為にこの回線を使って看護師さんから通院を促してもらうのはルール違反。本当に必要な方の為にも緊急時のみの使用がベストですね)

緊急時に役立つ自治体作成の冊子を貰っておくと便利

このブログ記事を作成するにあたり役所に話を聞いた所、様々な情報を教えてくれました。

症状をYes・Noで答えていくだけで、救急車を呼ぶべきか、緊急に受診するべきか等教えてくれます。
また、Q助web版ならアプリをダウンロードしなくても使用する事ができるので一度試してみてはいかがでしょうか。

その他にも
・たばこ、洗剤、化粧品などの誤飲があった場合の中毒情報相談の電話番号
・医療品や化学製品に関する相談の薬物情報電話サービス
・夜間急病センターの一覧
・休日急患診療所の一覧
などが載っている地域情報冊子をいただいてきました。今は何でも検索できますが、とっさの時は紙媒体の方がわかりやすい事もありますから貰っておくと便利ですね。
 カテゴリ
 タグ