認知症予防のタグ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

タグ:認知症予防

認知症予防のタグが付いた記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2017-08-19 高齢者の心と身体
ギブミーチョコレートですね。進駐軍の兵隊さんがジープの上から日本の子供たちにチョコをばらまいてるイメージでしたが、母江さんの話を聞く分にはとてものどか。当時住んでいた場所がゴリゴリの田舎だったからでしょうか。懐かしい昔の話をすると心が安定する昔の出来事を他者に話す時、人は無意識に自分の存在と歴史を感じ、心が満たされ情緒が安定するのだそうです。また、思い出を振り返る事で親から愛された記憶や楽しかった...

記事を読む

2017-08-05 本日のどうでもいい会話
運動やお散歩は「楽しみながら」が一番重要ですね。その点ご飯を食べるってすごく楽しいし顎を動かすので、まぁ活性化になるのかな?...

記事を読む

2017-06-06 病気の知識(認知症)
 まぁクルミもつぶされるんだけど。テレビで認知症予防特集を放送していたようです。母江さんはそれをメモしたのかな?つぶす…は、そのテレビ番組でクルミを使ったお料理の方法などを紹介していたのだと思います。認知症の人の食生活は偏食ぎみで、好きな物ばかり食べたり、極端な味を好んだり、時間が不規則だったりと、様々な問題点を抱えていることが多いでしょう。なるべくこういった情報番組を見て、たとえ本人は長期間...

記事を読む

2017-05-18 高齢者の心と身体
この句はきみまろ師匠あたりのお言葉でしょうか(母江さんは大ファン)ちなみにこの時お風呂は2週間程入ってませんでしたw他者と関わると脳が活性化する家族を含め、様々な人と関わる事は認知症予防策の一つです。ただの何でもないおしゃべりでも、耳で聞いて内容を理解して、表情やら声のトーンやらで相手の感情をくみ取ってやっと自分の返す言葉を考える。コレほぼ一瞬でやってるのスゴイですよね、脳みそエライ。その他にも会...

記事を読む

昔の話を聞いてみる

戦時中の思い出
ギブミーチョコレートですね。
進駐軍の兵隊さんがジープの上から日本の子供たちにチョコをばらまいてるイメージでしたが、母江さんの話を聞く分にはとてものどか。当時住んでいた場所がゴリゴリの田舎だったからでしょうか。

懐かしい昔の話をすると心が安定する

昔の出来事を他者に話す時、人は無意識に自分の存在と歴史を感じ、心が満たされ情緒が安定するのだそうです。また、思い出を振り返る事で親から愛された記憶や楽しかったこと、共に苦労を分かち合った仲間を思い出し、孤独感や不安を減らす事ができます。

認知症の進行予防にも効果がある

認知症の場合「ひどい物忘れはあっても昔の事はよく覚えている」という特徴があります。当時の記憶を呼び起こし、それを他者に伝える「言葉」にする事で脳(主に前頭葉)の活性化につながるという訳です。
他にも「感情」「悲哀」「幸福」「不安」等の情動機能が回復したり発言が増える表情が豊かになるコミュニケーション能力の向上問題行動の軽減などの効果があげられます。

昔の話を聞く時の注意点

・楽しく穏やかで話しやすい雰囲気作りを心がける
・無理に聞き出したりせず、自然に会話する中で思い出してもらうようにする
・話の内容が事実と違っていても訂正せずに、話し手の感情や気持ちを受け止める
・内容を他の人に話すと気分を害する人もいるのでみだりに他言しない

今回は時期的に「戦争」の話になってしまいましたが母江さんにとって戦時中はツライ思い出として残っておらず、結構色々と話してくれました。しかし高齢者にとって戦争は思い出したくない事かもしれないので、話を聞く際のキーワードとしては注意が必要だと思います。

お散歩で脳を活性化しよう

お散歩で脳を活性化しよう
運動やお散歩は「楽しみながら」が一番重要ですね。
その点ご飯を食べるってすごく楽しいし顎を動かすので、まぁ活性化になるのかな?

認知症予防と食事

認知症予防に良い食物 
まぁクルミもつぶされるんだけど。
テレビで認知症予防特集を放送していたようです。母江さんはそれをメモしたのかな?つぶす…は、そのテレビ番組でクルミを使ったお料理の方法などを紹介していたのだと思います。

認知症の人の食生活は偏食ぎみで、好きな物ばかり食べたり、極端な味を好んだり、時間が不規則だったりと、様々な問題点を抱えていることが多いでしょう。
なるべくこういった情報番組を見て、たとえ本人は長期間覚えていられないとしても「健康には気をつけないとね」と感じたり、「健康を意識している自分」に安心できたりしますので、糖尿病食や認知症予防に良いとされる食生活について話し合うように心がけています。
で、ついでに認知症予防に良いとされている食品(成分)を調べてみました。

身体の酸化(老化)を抑える抗酸化物質

人間の身体は日々酸素や栄養素をエネルギーに変えて代謝を繰り返し生きています。この過程でゴミのようなもの(活性酸素)が発生、これが体内を攻撃し細胞や脳、血管、血中のコレステロールを酸化(老化)させてしまいます。
で、この活性酸素に対抗できるのが抗酸化物質(活性酸素から細胞を保護する)です。
抗酸化物質は体内で作られるのですが、加齢とともに(40代位から)減少してしまいます。
しかし食品から抗酸化物質を摂取することができるので、こりゃあ食べない訳にはいきませんよね!

抗酸化物質はビタミンAECを一緒に摂ると吸収率アップ

抗酸化物質にはさまざまありますが、中でもビタミンEは神経細胞の酸化を抑えられる為アルツハイマー型認知症の予防に優れています。ビタミンEは、ビタミンAとビタミンCといっしょに摂取すると抗酸化作用が高まります。
ビタミンA(レバー、卵黄、うなぎ、イカ、バター、チーズなど)※摂り過ぎに注意
ビタミンE(ひまわり油、マヨネーズ、アーモンド、落花生、うなぎ、魚卵など)
ビタミンC(パセリ、菜の花、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、キウイ、柿、緑茶など)

ビタミンAは摂り過ぎに注意

ビタミンAは体内にたまりやすい為「過剰症(倦怠感や頭痛)」にも気を配らなければなりません。そこで便利なのが「βカロテン」。βカロテンは体内に入ると身体が必要な分だけビタミンAに変わってくれる優れもの。ビタミンAを摂取したい場合はβカロテンを多く摂ると良いでしょう。
βカロテン(モロヘイヤ、にんじん、カボチャ、ほうれん草、チンゲン菜など)

カボチャとほうれん草のグラタン、ナッツ類のドレッシングサラダ、ブロッコリーにマヨネーズ…うーん組み合わせ色々ありそうですが、熱に弱かったり水に流れちゃったりでなかなか難しそう。今度はレシピを考えてみようかな。

積極的に他者と関わろう

認知症予防・他人と関わろう
この句はきみまろ師匠あたりのお言葉でしょうか(母江さんは大ファン)
ちなみにこの時お風呂は2週間程入ってませんでしたw

他者と関わると脳が活性化する

家族を含め、様々な人と関わる事は認知症予防策の一つです。ただの何でもないおしゃべりでも、耳で聞いて内容を理解して、表情やら声のトーンやらで相手の感情をくみ取ってやっと自分の返す言葉を考える。コレほぼ一瞬でやってるのスゴイですよね、脳みそエライ。その他にも会釈したり脱帽したり歩みを止めて相手と自分が話しやすい環境を作るなど、動作にも変化が加わります。身だしなみにも気を使いますよね。
「たったそれだけで活性化?」と普通に生活している私達には何だか物足りないような気もしますが、高齢の、特に一人で暮らしている方にとっては大変な変化です。日々同じ場所に座ってテレビを見て、たまに動いたと思ったらご飯とトイレ…となれば本人の目に入ってくる景色(情報)はずーっと変わらず、行動もワンパターンで思考も刺激もほぼ無い状態。この状態の人が外出して他者と関わったら…脳みそはフルに働き始めると思うんです。
社交的な人に比べて、閉じこもりがちな生活をしている人が認知症になるケースは約8倍にもなるとか。デイでもお散歩でもお買物でも、なるべく一日一回は外出して社会と関わって、できれば近所の方や店員さん等と会話できるといいですね。

Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます