高齢者のタグ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

タグ:高齢者

高齢者のタグが付いた記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2018-04-27 認知症・生活の工夫
なんでそんなに好戦的なのかw多くの手順を踏む料理旬の野菜から献立、レシピ、買い物、洗って切って煮る焼く蒸す…これを認知症の方がこなすのはかなり難しい。もともと料理が好きだった母江さん。 現在は全然調理しなくなってしまいました。 作ってる最中に何を作ってるのか、どこまでやったのかがわからなくなってしまうので、本人も楽しくないみたいです。手順さえサポートすればできちゃいますでも、あとは切るだけ、削...

記事を読む

2018-04-13 認知症・生活の工夫
 母江さんは自分の住所が言えず、一人で外に出ると自力で帰ってくることができません。「ちょっと散歩に…」とか「買い物に行かないと…」という気分の時があるので別居の娘としてはとても心配。万が一の為に迷子札を持って欲しいもしも迷子になった際、本人が迷子の認識を持てるかどうか、そして本人が他人に聞く、もしくは助けを求めることができるかどうかというのはとても重要な判断材料ですよね。迷子の認識が持てないと、...

記事を読む

2018-03-11 認知症・生活の工夫
 実際母江さんが災害に遭ったら…となると、際限なく様々なパターンを想像してしまって「最良のモノを…」と求めるあまり避難グッズを用意していませんでした。 今回、市の方から防災マップが配られたのでこれを機会にオリャーと避難グッズを詰め込んでみたのでどなたかの参考になればと描きました。楽しい。こういうの描いてるのすごく楽しい… 「あ、これ使えそう」と思ったグッズ・ショッピングカート 万が一母江さ...

記事を読む

2018-03-05 高齢者の心と身体
 「身体に良い」「認知症予防になる」等言われているので身体を動かすよう声をかけても、本人はあまり気乗りせず、やってくれない事ってありませんか?ウチの場合ものらりくらりと言葉をかわされてなかなか行動に移してくれません。最初はちょっとだけハードル高めの課題を提示ラジオ体操をして欲しかったら「ウォーキングしよう!」→いやいや無理だよ!「じゃあラジオ体操は?」→そのぐらいならできるかな…といった具合です...

記事を読む

2018-02-17 高齢者の心と身体
 義母子さんは昔の仕事柄、英単語がちょっと得意。エコノミークラス症候群とは? 飛行機内などで長時間同じ姿勢が続くと、血流の悪さから足などの血管に血栓ができてしまい、その血栓が肺の血管に飛んで肺塞栓を起こしてしまう事をいいます。エコノミークラス以外でも発症する為、注意喚起も含め「ロングフライト血栓症」「旅行者血栓症」などの名称を使う場合もあります。脳梗塞や心筋梗塞は結構おなじみの病名ですが、『肺...

記事を読む

一緒に料理をして食べる事の効果

認知症と料理

なんでそんなに好戦的なのかw

多くの手順を踏む料理

旬の野菜から献立、レシピ、買い物、洗って切って煮る焼く蒸す…これを認知症の方がこなすのはかなり難しい。
もともと料理が好きだった母江さん。 現在は全然調理しなくなってしまいました。 作ってる最中に何を作ってるのか、どこまでやったのかがわからなくなってしまうので、本人も楽しくないみたいです。

手順さえサポートすればできちゃいます

でも、あとは切るだけ、削るだけ、味付けするだけ、という状態にセッティングすると 「しょうがないわねぇ」 と手伝ってくれます。 
正直「脳にいいから」という理由もあるんですが、 私が楽だから…ってのがデカい。 横でサポートすればチャッチャとやってくれて助かる。 だからメッチャ褒めて感謝します。

 私「さすがだねぇー私そんなに細く切らないよ」
 母「だって細くないと噛むの大変だから」 

そうそう、作った先に食べるというお楽しみが待ってるのも料理の良いところ。

きんぴら 
きんぴらを切る母江さん。面倒がる時はテーブルで調理。
ホントは足腰の為にも立ってやってほしいのですが、まぁ何でも楽しくないとね。

プライドと迷子札

迷子 
母江さんは自分の住所が言えず、一人で外に出ると自力で帰ってくることができません。
「ちょっと散歩に…」とか「買い物に行かないと…」という気分の時があるので別居の娘としてはとても心配。

万が一の為に迷子札を持って欲しい

もしも迷子になった際、本人が迷子の認識を持てるかどうか、
そして本人が他人に聞く、もしくは助けを求めることができるかどうか
というのはとても重要な判断材料ですよね。

迷子の認識が持てないと、延々「どこだったかな?こっちだっけ?」と歩き続けてしまう恐れがあるし、他人に聞けない大人しい性格やプライドの高い人もひたすら目的地を探し続けてしまいます。
そういう方にはGPS機能のついた靴やキーホルダーは非常に有効かと思われます。

で、母江さんはどうかと言うと
「初対面の人に躊躇なく話かけて何でも聞いてさらに友達になる」
という社交性のオバケなのでw、現時点ではGPSよりも迷子札の方が有効と判断。
母江さんの住所と私の携帯番号をメモした紙を持たせる事にしました。

「子供じゃあるまいし、いらないわよそんなの」

笑顔でズバンと拒否。
おお母よ…住所言えないのにその自信はどこからやってくるのでしょう。まぁどっかから来ちゃうんだから仕方ない。こういう時ムキになると大抵相手もムキになって自分の意見を通そうとするので一歩引く。
でも本人は「多少物忘れはあるけどしっかりした大人」だと思ってるんだから「迷子になった時の為に住所持っておいて」と言われてもなかなか納得はできないよねぇ。
迷子って響きもさすがにプライド傷ついちゃうし。うーん…

あ、防災カードはどうだろう。アレなら大人も子供も関係ないし、本当にいざという時役に立つ。

作ってみました防災カード(という名の迷子札)

※クリックすると印刷用サイズが開くのでよろしければご利用下さい。

落としてしまうと個人情報ダダ漏れなので最低限の内容にしてみました。
「私も兄も、私の旦那もお義母さんもみんなカバンに付けて持ってるから母江さんも持っててね。もし大地震がきてもみんなで連絡が取りあえるからね」
と言ったらすんなりOK!やりました!

最初は財布の中にでも入れておいてもらおうかと思ったのですが、実際迷子になった時どんなに親切な人でも財布の中まで住所の手がかりを探してはくれないんじゃないかと思い、カバンを開いたらすぐに分かる場所に安全ピンでとめておくことにしました。

防災カードとりつけ 

裏面には糖尿病患者だという事とインシュリンの量、本人の気分が悪いようならぶどう糖を食べさせてほしい旨を記入。
吊り下げ名札(社員証とかを首にぶら下げるヤツ)に入れておくと破れないし、一緒にテレホンカードも入れられて便利です。

問題点は「別のカバンを持って行くかもしれない」

出ました!たとえGPSを付けようが迷子札を付けようが
「それを持って行かないと意味が無い」
というヤツです。靴にGPSもかなり素敵なんですがやっぱりその靴をはいてくれないとねぇ…

でも取りあえずお金もかからないし、念のため財布の中に一枚と、本人お気に入りのカバン2個につけました。
災害でも迷子でも、これを使うような事が無いよう願いつつ…

もしもの時の為に高齢者と一緒に避難グッズを準備しよう

独居高齢者の避難グッズ 
実際母江さんが災害に遭ったら…となると、際限なく様々なパターンを想像してしまって「最良のモノを…」と求めるあまり避難グッズを用意していませんでした。 今回、市の方から防災マップが配られたのでこれを機会にオリャーと避難グッズを詰め込んでみたのでどなたかの参考になればと描きました。楽しい。こういうの描いてるのすごく楽しい… 

「あ、これ使えそう」と思ったグッズ

・ショッピングカート 万が一母江さんが一人で避難する際にリュックは現実的ではないかなぁ…と。私でも誰でも運ぶの楽チン。我が家では背負う事もできるキャリーバッグに詰め込んでます。

 ・椅子になるボックス イスが無い避難所は結構多いとの事。ベタ座りが苦手な高齢者は多いのではないでしょうか。ホムセンの洗車グッズ売り場とかに売ってます。あとギュウギュウに詰め込んでも形が変わらないのが良いですw

 ・様々なウェットティッシュ 除菌やら全身やらおしりふきやら口腔ケアまであります。水が貴重な被災地では絶対重宝しそう。介護用品便利。

 ・トイレ 簡易トイレ。これはあんまり使え無さそう。座ってしないと出ないと思うので紙おむつの方がいいかな。ペットシーツも2~3枚入れてます。すごい量の水分吸ってくれるのでなんか役に立ちそう。 

 ・処方箋と保険証と身分証明書と介護認定証のコピー コピーでも災害時は診てくれる病院もありますが、保険証は後で実物の提示が必要。でも無いよりずっと安心。

 ・フリーズドライ お湯があれば。栄養面もそうですが、あったかい味噌汁とかおしることか甘酒ってすっごいホッとするとおもうんですよね。 

 とにかく何にもない状態から一歩前進しましたw介護度や個人の好みによって必要なグッズが変わりますので全然参考にならないかもですが、避難グッズ点検のきっかけにでもなれば幸いです。

「体操しよう」やる気になってくれるような声かけの工夫

高齢者声かけ 

「身体に良い」「認知症予防になる」等言われているので身体を動かすよう声をかけても、本人はあまり気乗りせず、やってくれない事ってありませんか?ウチの場合ものらりくらりと言葉をかわされてなかなか行動に移してくれません。

最初はちょっとだけハードル高めの課題を提示

ラジオ体操をして欲しかったら
「ウォーキングしよう!」→いやいや無理だよ!
「じゃあラジオ体操は?」→そのぐらいならできるかな…
といった具合です。ビジネスや営業でよく使われる手法ですね。もちろんそんなに簡単ではないと思いますが、一度試してみてはいかがでしょうか。

声かけの注意点

・無理強いは絶対にしない。あまりしつこく勧めない。
・思い通りに動かそうという考えはNG。あくまで「おススメ」の姿勢で。
・やりたくない理由を「言い訳」だと決めつけない。本当に体調が悪いかもしれない。また、しぶしぶではなく喜んでやってくれるヒントが隠されているかもしれないので、しっかり聞く。

応じてくれたら必ず良い所を伝える

体操だったら
「腰が良く伸びるね!」
「身体が柔らかい!」
「顔色が良くなったよ!」
「20は若返ったね!」
など、早い話が『褒める』なんですが『おだてる』になってしまわないように
「私が歳を取ったらこんなに動けるだろうか。すごいなぁ」
というカンジで良い所を探すようにしています。


オマケ
↑お馴染みの音声画像です。youtube の設定(歯車マーク)で再生速度が変更できます。ちょっとゆっくりにすると高齢者の方には丁度良いかもしれませんね。
 カテゴリ
 タグ

高齢者がなりやすい「エコノミークラス症候群」

エコノミークラス症候群 
義母子さんは昔の仕事柄、英単語がちょっと得意。

エコノミークラス症候群とは?

肺塞栓 飛行機内などで長時間同じ姿勢が続くと、血流の悪さから足などの血管に血栓ができてしまい、その血栓が肺の血管に飛んで肺塞栓を起こしてしまう事をいいます。
エコノミークラス以外でも発症する為、注意喚起も含め「ロングフライト血栓症」「旅行者血栓症」などの名称を使う場合もあります。

脳梗塞や心筋梗塞は結構おなじみの病名ですが、『肺塞栓』はあまり聞いたことがないかもしれません。
脳や心臓と同じく、肺も血液循環が行われています。肺につながる血管に血の塊が詰まってしまうと肺がうまく機能しなくなり、呼吸困難、息苦しさ、胸の痛みを引き起こします

義母子さんの場合も肺から血液中に酸素を送り出すことが困難になって、呼吸をしているにもかかわらず体内に酸素が十分に行き渡らない状態になっていました。

日常に取り入れたい高齢者のエコノミークラス症候群予防

厚生労働省のサイトにある「エコノミークラス症候群になりやすい人」のトップに書かれているのが高齢者。
高齢者は血液の循環機能や筋力の低下に加え、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常等)を抱えている方が多く、エコノミークラス症候群になる危険性は高いと言われています。
また、体力や気力の衰えから日中座りっぱなしでテレビを見ている方も多いのではないでしょうか。

■血液をドロドロにしない
人間は汗や尿以外に呼吸や皮膚からも水分を放出しています。こまめな水分補給を行い、アルコールや喫煙はできるかぎり控えましょう。

■時々立ち上がる、ふくらはぎをマッサージする等、血の流れを良くする
分かってはいるもののなかなか実行に移せないのは高齢者だけではないハズw難しいようなら座ったままで足首を回したり、足の指をグーパーしたりでも効果はあります。姿勢を伸ばし、腹式呼吸をする事で血流が良くなる事もあるので、できそうな事から声をかけて一緒にやってみましょう。

■環境を整える
・かかとが地面につかないような座面の高い椅子はひざ裏が圧迫されて血流に影響がでてしまいます。よく使う椅子や車いすのサイズを合わせましょう。オットマンなどもいいですね。
・寝る時はすこしだけ足を上げられるようタオルを丸めたものやクッションを足元に置いたり、ベッドの足元をギャッジアップすると効果が得られます。ただし上げ過ぎると逆に圧迫される部分がでてくるので10cm~15cm程度で本人が不快に思わないぐらいに抑えましょう。
・衣類、特にベルトやウエスト部分を圧迫するゴムなどはできるだけ緩めにしましょう。

参考文献 厚生労働省「エコノミークラス症候群の予防のために」
Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます