介護者の心と身体のカテゴリ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

カテゴリ:介護者の心と身体

介護者の心と身体のカテゴリ記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2017-12-28 介護者の心と身体
排泄のケアでは様々な観察や気づきが重要ですが、今回は「家族の心構え」に焦点をあててみます。排泄の介護は負担が大きい介護の悩みの中でもトップは「排泄介護」です。「汚い」「臭い」「気持ち悪い」…誰でも排泄物に対してはあまり良いイメージはありませんよね。それに加え、「綺麗好きなあの母が…」「厳格なあの父が…」など、ご家族にとって精神的ダメージは大きく、なかなかすぐには受け入れられないものです。排泄に手助け...

記事を読む

2017-08-12 介護者の心と身体
ある程度の拒否は予想してたけどまさかそんなピンポイントで断られるとはw返答に対して「反応」しないようにするこういう小さな拒否がチョコチョコ続いて、それに対していちいち反応(イライラ)してしまうと介護者は本当に疲れてしまいますよね。特に認知症軽度や初期の場合、通常の会話も可能なので、つい一般的な返答が返ってくると期待してしまいがち。そんな気を抜いている時に予想外の言葉が返ってくると脊椎反射のごとくム...

記事を読む

2017-05-28 介護者の心と身体
必ずあるって言ったじゃない!嘘つき!あ、悟りロボはコチラが初登場でしたwあれもこれも…と頭がいっぱいになったら書き出してみる日々介護をしていると、悩み事ってたくさんありますよね。直接介護の事じゃなくてもピタゴラスイッチ的に連鎖して何だかやる事がいっぱいになっちゃって全然先に進まない!そんな時、私は悩み事の箇条書きをします。(チラシの裏とかに走り書き程度ですが…)頭の中にある問題点や悩み事を外に出して...

記事を読む

2017-03-02 介護者の心と身体
敵は妄想と現実を織り交ぜて攻撃してくるぞ!負けるな悟りロボ!日々介護をしていると、驚く程理不尽な言葉を浴びせられる事ってありますよね。暴力的な言葉や行動の原因は病症、状況により様々です。それを受ける介護者は頭では理解しているものの、反射的に怒りスイッチがバチーンと入ってギャンギャン言い合いをして…でも最後に残るのは絶対に理解してもらえない自分の気持ちと、それでもやらねばならぬ残った仕事(介護)。で...

記事を読む

認知症の方の失禁に対する家族の心構え

高齢者の失禁
排泄のケアでは様々な観察や気づきが重要ですが、今回は「家族の心構え」に焦点をあててみます。

排泄の介護は負担が大きい

介護の悩みの中でもトップは「排泄介護」です。
「汚い」「臭い」「気持ち悪い」…誰でも排泄物に対してはあまり良いイメージはありませんよね。それに加え、「綺麗好きなあの母が…」「厳格なあの父が…」など、ご家族にとって精神的ダメージは大きく、なかなかすぐには受け入れられないものです。
排泄に手助けが必要な方に対してはトイレ内での介助、シャワーで下半身を洗う、オムツ交換…と拘束時間や労力、さらに金銭面等、ご家族の負担は相当なものです。

怒らない、叱らないが原則…わかっているけど…

負担が大きければ大きい程、失敗してしまった時のイライラや怒りは同じように大きくなってしまいます。怒らないようにしようと努力しているのに、当の本人は「私はやっていない」と見え透いた嘘をつく事も。まさに「火に油」ですよね。他の事は我慢できても排泄の失敗だけは我慢できない…という方も多いと思います。

本人を責めたり尊厳を傷つけるような事を言うと

認知症の方は記憶が薄い分、感情の世界で生きています。なぜ失禁したかも覚えていない中、失禁した事を責められたり注意されたり…時には家族の感情を読み取り「馬鹿にされている」と感じたり…。不快な感情は残像のように残って、失禁した時に汚れた下着をタンスに隠す、捨てる、トイレに流すなど問題行動に発展する恐れがあります。

悪いのは本人ではなく認知症

排泄に係わる介護では、つい認知症の方に対して辛くあたってしまいがちです。しかし悪いのは失禁の原因疾患や認知症です。本人と認知症を一緒のものとせず、分けて考えるようにしましょう。本人も思い通りにならず不安や焦りでとてもツライのです。ご家族は本人の味方となり、時に認知症と戦い、時にうまくつきあっていくというイメージで対応してみてはいかがでしょうか。
また、介護保険のサービスや本人に合った福祉用具、オムツやパッドなども検討してご家族だけで抱え込まないようにしましょう。

~補足~
失禁の原因は認知症だけではありません。高齢で動きが鈍い、トイレが遠い、内臓の問題、別の疾患がある、など様々です。服薬等で失禁が軽減する場合もありますのでかかりつけの先生に相談するとよいでしょう。

様々な「拒否」にあらかじめ「心の武装」をしておく

心の武装
ある程度の拒否は予想してたけどまさかそんなピンポイントで断られるとはw

返答に対して「反応」しないようにする

こういう小さな拒否がチョコチョコ続いて、それに対していちいち反応(イライラ)してしまうと介護者は本当に疲れてしまいますよね。特に認知症軽度や初期の場合、通常の会話も可能なので、つい一般的な返答が返ってくると期待してしまいがち。そんな気を抜いている時に予想外の言葉が返ってくると脊椎反射のごとくムキーと反応してしまいます。イカンですねぇ。

そうならない為にある程度、拒否の言葉や暴言の予想をたてておきます。もしくは「何を言われても反応せずに落ち着いて対応しよう」と深呼吸してから会話に入るなど「心の武装」をしておくと比較的穏やかに介護を進めることができるのでよく実行しています。特に寝不足や体調不良の時などはイライラのスイッチは入りやすくなっていますので、介護だけでなく通常生活でも「あ、今日はダメな日だなー」と思ったら心を完全武装して、でも堅苦しいと周りも自分も疲れちゃうから鼻歌でもはなずさみながら過ごすようにしています。

 カテゴリ
 タグ

悩み事は箇条書きに

問題はひとつづつ
必ずあるって言ったじゃない!嘘つき!
あ、悟りロボはコチラが初登場でしたw

あれもこれも…と頭がいっぱいになったら書き出してみる

日々介護をしていると、悩み事ってたくさんありますよね。
直接介護の事じゃなくてもピタゴラスイッチ的に連鎖して何だかやる事がいっぱいになっちゃって全然先に進まない!

そんな時、私は悩み事の箇条書きをします。
(チラシの裏とかに走り書き程度ですが…)
頭の中にある問題点や悩み事を外に出して目で見てみると何故かすごく冷静になれるんです。
「コレは重要」
「コレは様子を見て」とか、
「コレは大した事じゃないな」とか、
「考えても無駄だわ」…と自分の悩みを客観視できて、ある程度の優先順位もつけられます。

この時に気を付けているのは「愚痴のオンパレード」にならないようにする事。
愚痴を文章にしてしまうと忘れてしまえるモノもしっかりインプットされて、さらに怒りや不満が増幅する可能性があります。あくまで解決の「方法」を探るために書きます。

頭の中の「どうしよう」を少しでも減らそう

問題点をひとつづつ見ていくと、すぐに解決方法が思い浮かぶものや、全然思い浮かばないもの、色々あると思います。でも「とりあえずAをやってみよう」とか「その時々で対応しよう」とか、なにがしかの「方法」があると思うのです。
頭の中で問題点に対して「どうしよう」ではなく「ああ、しばらく様子を見ようと決めたんだった」と「方法」が決まっていれば「どうしよう」という悶々としてしまう時間が減るので、私は時間の無い時でも(逆に時間が無い時ほど)箇条書きで「問題の解決方法」をみつけるようにしています。

 カテゴリ
 タグ

介護の友『悟りロボ』

悟りロボ
敵は妄想と現実を織り交ぜて攻撃してくるぞ!負けるな悟りロボ!

日々介護をしていると、驚く程理不尽な言葉を浴びせられる事ってありますよね。
暴力的な言葉や行動の原因は病症、状況により様々です。
それを受ける介護者は頭では理解しているものの、反射的に怒りスイッチがバチーンと入ってギャンギャン言い合いをして…でも最後に残るのは絶対に理解してもらえない自分の気持ちと、それでもやらねばならぬ残った仕事(介護)。
でも実は相手も同じこと。お互いとてもツライ気持ちになってしまうのです。

介護する上で、私が特に大事にしている事は
『お互いの心と身体を大事に!』
”お互い”とは介護者と要介護者のコト。どちらが大事かなんて卵と鶏理論と同じで優劣はつけられません。しいて言えば臨機応変、状況判断で優先順位をつけるくらいでしょうか。
要介護者と同じく、介護者の心と身体はとってもとっても大事なのです。

心を守る術を覚える

怒りや悲しみは負のエネルギーを生みます。これはとんでもないストレスになり、記憶に刻まれ、事あるごとに思い出され、その都度ストレスが溜まるという悪循環が生まれてしまいます。

そうならないために「怒りスイッチ」ではない「別のスイッチ」を入れるようにしています。例えば「その場を離れる」「九九を唱える」「深呼吸する」など。特に時間を置くことはお互いの感情を鎮めるためにも大変有効な手段です。
暴言の内容は直接的に受け止めず、ヒラリとかわす事ができるようになれるといいですね。

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます