認知症・生活の工夫のカテゴリ記事一覧

認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫

認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

カテゴリ:認知症・生活の工夫

認知症・生活の工夫のカテゴリ記事一覧。認知症初期の母江さんを4コマ漫画で紹介。そのエピソードから認知症の知識や対応、進行を遅らせる生活の工夫など、介護の実践をまじえながらお伝えしたいと思っております。認知症の方とそのご家族の充実した日常に繋がりますように!

2018-04-27 認知症・生活の工夫
なんでそんなに好戦的なのかw多くの手順を踏む料理旬の野菜から献立、レシピ、買い物、洗って切って煮る焼く蒸す…これを認知症の方がこなすのはかなり難しい。もともと料理が好きだった母江さん。 現在は全然調理しなくなってしまいました。 作ってる最中に何を作ってるのか、どこまでやったのかがわからなくなってしまうので、本人も楽しくないみたいです。手順さえサポートすればできちゃいますでも、あとは切るだけ、削...

記事を読む

2018-04-22 認知症・生活の工夫
 いつかおばさんの幸せな思い出を引っ張り出せると良いのですが同じ話ばかりになってしまうのはナゼ?記憶が抜けてしまうのだから、以前話した事自体を忘れてしまい、同じ話ばかりになるのは当然なのですが…ちょっと母江さんの頭の中を想像してみました。『覚えているのは昔の事ばかり。ぼんやり頭の中に浮かんでくるのは数十個ほどのエピソード』認知症になると大抵の場合、最近の記憶は無く昔の事をよく覚えています。私だ...

記事を読む

2018-04-13 認知症・生活の工夫
 母江さんは自分の住所が言えず、一人で外に出ると自力で帰ってくることができません。「ちょっと散歩に…」とか「買い物に行かないと…」という気分の時があるので別居の娘としてはとても心配。万が一の為に迷子札を持って欲しいもしも迷子になった際、本人が迷子の認識を持てるかどうか、そして本人が他人に聞く、もしくは助けを求めることができるかどうかというのはとても重要な判断材料ですよね。迷子の認識が持てないと、...

記事を読む

2018-03-11 認知症・生活の工夫
 実際母江さんが災害に遭ったら…となると、際限なく様々なパターンを想像してしまって「最良のモノを…」と求めるあまり避難グッズを用意していませんでした。 今回、市の方から防災マップが配られたのでこれを機会にオリャーと避難グッズを詰め込んでみたのでどなたかの参考になればと描きました。楽しい。こういうの描いてるのすごく楽しい… 「あ、これ使えそう」と思ったグッズ・ショッピングカート 万が一母江さ...

記事を読む

2018-03-02 認知症・生活の工夫
同じ姿勢で長時間過ごす高齢者前回、お義母さんが「エコノミークラス症候群」で入院した話をしましたが、同時に心配になってきたのが母江さんの「突っ伏し寝」です。母江さんに限らず、高齢になると日中はテレビを見ながらウトウト…とされている方、多いのではないでしょうか。お昼寝は短時間なら疲れも取れるしリフレッシュできるけど…あまり何時間も同じ姿勢では血行も姿勢も悪くなってしまうのでは?と心配になってしまいますよ...

記事を読む

一緒に料理をして食べる事の効果

認知症と料理

なんでそんなに好戦的なのかw

多くの手順を踏む料理

旬の野菜から献立、レシピ、買い物、洗って切って煮る焼く蒸す…これを認知症の方がこなすのはかなり難しい。
もともと料理が好きだった母江さん。 現在は全然調理しなくなってしまいました。 作ってる最中に何を作ってるのか、どこまでやったのかがわからなくなってしまうので、本人も楽しくないみたいです。

手順さえサポートすればできちゃいます

でも、あとは切るだけ、削るだけ、味付けするだけ、という状態にセッティングすると 「しょうがないわねぇ」 と手伝ってくれます。 
正直「脳にいいから」という理由もあるんですが、 私が楽だから…ってのがデカい。 横でサポートすればチャッチャとやってくれて助かる。 だからメッチャ褒めて感謝します。

 私「さすがだねぇー私そんなに細く切らないよ」
 母「だって細くないと噛むの大変だから」 

そうそう、作った先に食べるというお楽しみが待ってるのも料理の良いところ。

きんぴら 
きんぴらを切る母江さん。面倒がる時はテーブルで調理。
ホントは足腰の為にも立ってやってほしいのですが、まぁ何でも楽しくないとね。

思い出話のくりかえしに辟易した時の対処法

認知症の同じ話b 
いつかおばさんの幸せな思い出を引っ張り出せると良いのですが

同じ話ばかりになってしまうのはナゼ?

記憶が抜けてしまうのだから、以前話した事自体を忘れてしまい、同じ話ばかりになるのは当然なのですが…ちょっと母江さんの頭の中を想像してみました。

『覚えているのは昔の事ばかり。
ぼんやり頭の中に浮かんでくるのは数十個ほどのエピソード』

認知症になると大抵の場合、最近の記憶は無く昔の事をよく覚えています。私だって最近の記憶が飛んじゃって、小さい頃のエピソードしか頭になかったら話す事なんていつも同じになると思うんですよね。

ストーリーの中から別の記憶を開く

とはいうものの、毎回毎回同じ話を聞くのはキビシイのです。
特に私側に余裕がない時。(体調不良とか時間が無いとか)

そんな時はストーリーの中の
・人物(どんな人?当時いくつくらい?今何してるの?)
・環境(どこに住んでたの?周囲には何があったの?)
・モノ(今も持ってるの?大きさは?)
等々…あくまで自然に質問します。
そこから別の記憶が開いたり他のエピソードにつなげられる事があるので、本人の記憶に幅が生じ良い方向に転がる場合があります。
(※マンガみたいに悲しい扉を開けちゃうコトもありますがw

基本は聞く姿勢で

悲しい思い出は気分が暗くなってしまうので、上記のように別の話題へそらす事が多いのですが、私に心の余裕がある時はできるだけ最後まで聞くようにしています。
話をそらされたり遮られたりするのってやっぱりちょっと消化不良な気持ちにさせてしまいそうで…。
「聞き上手の練習」と思って返答の工夫をするなどゲーム感覚な時もあります。
あまりツライようならちょっと離れてトイレに行き、まるっきり別の話題を引っ提げて戻ったりしています。
 タグ

プライドと迷子札

迷子 
母江さんは自分の住所が言えず、一人で外に出ると自力で帰ってくることができません。
「ちょっと散歩に…」とか「買い物に行かないと…」という気分の時があるので別居の娘としてはとても心配。

万が一の為に迷子札を持って欲しい

もしも迷子になった際、本人が迷子の認識を持てるかどうか、
そして本人が他人に聞く、もしくは助けを求めることができるかどうか
というのはとても重要な判断材料ですよね。

迷子の認識が持てないと、延々「どこだったかな?こっちだっけ?」と歩き続けてしまう恐れがあるし、他人に聞けない大人しい性格やプライドの高い人もひたすら目的地を探し続けてしまいます。
そういう方にはGPS機能のついた靴やキーホルダーは非常に有効かと思われます。

で、母江さんはどうかと言うと
「初対面の人に躊躇なく話かけて何でも聞いてさらに友達になる」
という社交性のオバケなのでw、現時点ではGPSよりも迷子札の方が有効と判断。
母江さんの住所と私の携帯番号をメモした紙を持たせる事にしました。

「子供じゃあるまいし、いらないわよそんなの」

笑顔でズバンと拒否。
おお母よ…住所言えないのにその自信はどこからやってくるのでしょう。まぁどっかから来ちゃうんだから仕方ない。こういう時ムキになると大抵相手もムキになって自分の意見を通そうとするので一歩引く。
でも本人は「多少物忘れはあるけどしっかりした大人」だと思ってるんだから「迷子になった時の為に住所持っておいて」と言われてもなかなか納得はできないよねぇ。
迷子って響きもさすがにプライド傷ついちゃうし。うーん…

あ、防災カードはどうだろう。アレなら大人も子供も関係ないし、本当にいざという時役に立つ。

作ってみました防災カード(という名の迷子札)

※クリックすると印刷用サイズが開くのでよろしければご利用下さい。

落としてしまうと個人情報ダダ漏れなので最低限の内容にしてみました。
「私も兄も、私の旦那もお義母さんもみんなカバンに付けて持ってるから母江さんも持っててね。もし大地震がきてもみんなで連絡が取りあえるからね」
と言ったらすんなりOK!やりました!

最初は財布の中にでも入れておいてもらおうかと思ったのですが、実際迷子になった時どんなに親切な人でも財布の中まで住所の手がかりを探してはくれないんじゃないかと思い、カバンを開いたらすぐに分かる場所に安全ピンでとめておくことにしました。

防災カードとりつけ 

裏面には糖尿病患者だという事とインシュリンの量、本人の気分が悪いようならぶどう糖を食べさせてほしい旨を記入。
吊り下げ名札(社員証とかを首にぶら下げるヤツ)に入れておくと破れないし、一緒にテレホンカードも入れられて便利です。

問題点は「別のカバンを持って行くかもしれない」

出ました!たとえGPSを付けようが迷子札を付けようが
「それを持って行かないと意味が無い」
というヤツです。靴にGPSもかなり素敵なんですがやっぱりその靴をはいてくれないとねぇ…

でも取りあえずお金もかからないし、念のため財布の中に一枚と、本人お気に入りのカバン2個につけました。
災害でも迷子でも、これを使うような事が無いよう願いつつ…

もしもの時の為に高齢者と一緒に避難グッズを準備しよう

独居高齢者の避難グッズ 
実際母江さんが災害に遭ったら…となると、際限なく様々なパターンを想像してしまって「最良のモノを…」と求めるあまり避難グッズを用意していませんでした。 今回、市の方から防災マップが配られたのでこれを機会にオリャーと避難グッズを詰め込んでみたのでどなたかの参考になればと描きました。楽しい。こういうの描いてるのすごく楽しい… 

「あ、これ使えそう」と思ったグッズ

・ショッピングカート 万が一母江さんが一人で避難する際にリュックは現実的ではないかなぁ…と。私でも誰でも運ぶの楽チン。我が家では背負う事もできるキャリーバッグに詰め込んでます。

 ・椅子になるボックス イスが無い避難所は結構多いとの事。ベタ座りが苦手な高齢者は多いのではないでしょうか。ホムセンの洗車グッズ売り場とかに売ってます。あとギュウギュウに詰め込んでも形が変わらないのが良いですw

 ・様々なウェットティッシュ 除菌やら全身やらおしりふきやら口腔ケアまであります。水が貴重な被災地では絶対重宝しそう。介護用品便利。

 ・トイレ 簡易トイレ。これはあんまり使え無さそう。座ってしないと出ないと思うので紙おむつの方がいいかな。ペットシーツも2~3枚入れてます。すごい量の水分吸ってくれるのでなんか役に立ちそう。 

 ・処方箋と保険証と身分証明書と介護認定証のコピー コピーでも災害時は診てくれる病院もありますが、保険証は後で実物の提示が必要。でも無いよりずっと安心。

 ・フリーズドライ お湯があれば。栄養面もそうですが、あったかい味噌汁とかおしることか甘酒ってすっごいホッとするとおもうんですよね。 

 とにかく何にもない状態から一歩前進しましたw介護度や個人の好みによって必要なグッズが変わりますので全然参考にならないかもですが、避難グッズ点検のきっかけにでもなれば幸いです。

座りっぱなしになりがちな認知症の方の血行を良くしたい

安楽な姿勢


同じ姿勢で長時間過ごす高齢者

前回、お義母さんが「エコノミークラス症候群」で入院した話をしましたが、同時に心配になってきたのが母江さんの「突っ伏し寝」です。母江さんに限らず、高齢になると日中はテレビを見ながらウトウト…とされている方、多いのではないでしょうか。
お昼寝は短時間なら疲れも取れるしリフレッシュできるけど…あまり何時間も同じ姿勢では血行も姿勢も悪くなってしまうのでは?と心配になってしまいますよね。

理由→記憶→行動…「習慣化」は難しい

「あまり長くお昼寝すると血行に良くないからなるべく短めにね、体操もしてね」
と説明しても認知症の方にとっては抽象的なので理解が難しいし、憶えられません。
こういった向上意識が必要な習慣は認知症の方にとって大変難しいものです。
介護をする側もいちいち注意するのは面倒だし、実行してくれないとストレスがたまってしまいます。

血管の圧迫を減らし安楽な姿勢でお昼寝

本人が忘れてしまうなら物理的に姿勢よく過ごしてもらうというのはどうかな?と考えてみました。やはり背中が少しでも伸びるように卓上に小さなクッションと、膝下の血行が悪くなりやすいので机下にオットマン的なものを置いてみました
血管を圧迫しない姿勢 
小さいクッションを置いたら本人が自ら率先して使ってくれています。おそらく気持ちいいし体も楽なのでしょうね。

いきなり購入せずに「お試し」を

ネットで「お昼寝グッズ」を検索するとさまざまな商品がたくさんでてきます。
当然ですが良いモノはそれなりに張るお値段。介護者がお金と時間をかけて吟味して、せっかく買ったのに本人が使ってくれない!となると本当にガッカリしてしまいますよね。

まずは家の中にあるモノで気軽に試してみましょう
バスタオルを巻いて輪ゴムで止めたものを枕の代わりに。100均の小さな踏み台でオットマンに。座布団を二枚重ねてもちょっと楽に思える場合があります。
(オットマンの代用品はあまり低すぎると本人の視界に入らず、転倒の恐れがあるので目立つ色のタオルを巻くなどの注意が必要です)

安価なモノなら「良かったら使ってみてよ」と気軽に勧められるし、本人から「いらない」と突っぱねられても介護者のストレスは少なそう。
同時にいらない理由「これじゃ低い、高い」「なんかムレる」「かかとが痛い」などの訴えが聞けるので、代案のヒントの為にもお試しは大事だと思います。

※夜眠れなくなりそうなら「お昼寝を減らす」以外にも、運動やお散歩する時間を増やすという方法もあります。ヘルパーさんや訪看さんなら一緒に体操したり散歩に付き添ってくれますからケアマネさんに相談してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 認知症の進行を遅らせよう!介護を楽にする生活の工夫 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます