本日のどうでもいい会話のカテゴリ記事一覧

くらしのコト~認知症の生活と工夫~

認知症と糖尿病の介護生活を4コマで綴っております

カテゴリ:本日のどうでもいい会話

本日のどうでもいい会話のカテゴリ記事一覧。認知症と糖尿病の介護生活を4コマで綴っております

2017-06-01 本日のどうでもいい会話
それはそれ、これはこれ、という訳で人生大先輩のお言葉は、ありがたく頂戴します「自分のことは棚にあげて」なんて慣用句もありますが、棚に上げた事もわすれちゃいますからね。…んー、そもそも棚に上がってないのかもw...

記事を読む

2017-03-13 本日のどうでもいい会話
何でちょっと笑顔なのいくつになっても排泄関係の失敗はやっぱり「恥ずかしい」という思いがありますよね。でもここまで高らかに宣言しちゃうあたり、母江さんに関しては「恥ずかしい」の壁は薄そうです。(今回のは勘違いでしたけどw)...

記事を読む

No Image

2016-11-17 本日のどうでもいい会話
昼間、テレビをつけっぱなしにしている母江さん。昨今のワイドショーはトランプ大統領の話題でもちきり。さすがの母江さんも少し覚えてきたようで母江「この人、このおっかない顔の外人さん、何て名前だっけ」私「あー…なんだっけねぇ…えっとねー」(すぐ答えず共に考える…うむ、我ながらよい対応である)母江「思い出した!」私「うわー負けたー何て名前だっけ?」母江「プランクトンさん!」私「…あ、えっと!微生物!」母江「え...

記事を読む

2016-11-14 本日のどうでもいい会話
我が家では犬に指示を出す時、言葉だけでなく膝を叩きながら行う。 こんなカンジ。で、本日母江さん宅にて。という事があったので反省している。...

記事を読む

2016-11-10 本日のどうでもいい会話
編み物が好きな母江さん。脳の体操にとても良いので疲れない程度に色々編んでもらっている。私「昨日頼んでおいた私のマフラーどう?できた?」母江「マフラー?どうだったかしら?ああコレね!」私「…ありがとう!…わ、わぁ斬新な形状!」母江「途中で細くなってるわねぇ、何でだったかしら?」私「巻きやすいようにじゃない?編み目もキレイで暖かいよありがとう」一人で編んでいると、自分が今何を編んでいるのか忘れてしまうよ...

記事を読む

年上のお言葉

年上のお言葉

それはそれ、これはこれ、という訳で人生大先輩のお言葉は、ありがたく頂戴します

「自分のことは棚にあげて」なんて慣用句もありますが、棚に上げた事もわすれちゃいますからね。…んー、そもそも棚に上がってないのかもw

 タグ

尿失禁の実況

尿意
何でちょっと笑顔なの

いくつになっても排泄関係の失敗はやっぱり「恥ずかしい」という思いがありますよね。
でもここまで高らかに宣言しちゃうあたり、母江さんに関しては「恥ずかしい」の壁は薄そうです。
(今回のは勘違いでしたけどw)

 タグ

否定してはいけない

昼間、テレビをつけっぱなしにしている母江さん。
昨今のワイドショーはトランプ大統領の話題でもちきり。さすがの母江さんも少し覚えてきたようで

母江「この人、このおっかない顔の外人さん、何て名前だっけ」
私「あー…なんだっけねぇ…えっとねー」
(すぐ答えず共に考える…うむ、我ながらよい対応である)
母江「思い出した!」
私「うわー負けたー何て名前だっけ?」

母江「プランクトンさん!」
私「…あ、えっと!微生物!」
母江「えっ!?」
私「えっ!?」

ボケとしては切れ味が中途半端だし、当方にも「否定も肯定もせず受容する」というツッコミ縛りがあるので生物学上の分類群でしか返答できなかった。

今日は一段とどうでもいい会話だなぁ…
 タグ
None

命令する私

我が家では犬に指示を出す時、言葉だけでなく膝を叩きながら行う。
犬おいで 
こんなカンジ。

で、本日母江さん宅にて。

母おいであっ

という事があったので反省している。
 タグ
None

マフラー

編み物が好きな母江さん。
脳の体操にとても良いので疲れない程度に色々編んでもらっている。

私「昨日頼んでおいた私のマフラーどう?できた?」
母江「マフラー?どうだったかしら?ああコレね!」



私「…ありがとう!…わ、わぁ斬新な形状!」
母江「途中で細くなってるわねぇ、何でだったかしら?」
私「巻きやすいようにじゃない?編み目もキレイで暖かいよありがとう」

一人で編んでいると、自分が今何を編んでいるのか忘れてしまうようだ。でもここまで編めたら上出来。仕事の時使わせてもらおう。

昔、祖母江(母江の母)が編んでくれたセーターをダサく感じてしまった当時の私は1度も袖を通さなかった。何となく「悪かったな…」と思っていたにも関わらず、謝ることもお礼を言うことも無いまま、私が10歳の秋に祖母江が亡くなった。
もしもタイムマシーンがあるなら6歳の私に「服のセンスを問える程崇高な感性などキサマには微塵もないし、当然大人になってもそんなものは皆無だ」と話ながら殴る蹴るの暴行を加えるのに。その後全裸にセーターを着せて「生涯このセーター以外着ませんありがとうございます」って祖母江さんの前で土下座させるのに。

それが叶わない分、母江さんに山程お礼を言ってマフラーをいただいた。
 タグ
None
Copyright © くらしのコト~認知症の生活と工夫~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます