月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。認知症と糖尿病の介護生活を4コマで綴っております

2016-06-06 生活(旧ブログ)
生ゴミの捨て場に三角コーナーを使ってる方は多いと思います。普通三角コーナーはシンクの中にあるので、どうしても水がかかってしまい湿気もこもりがち。特に夏は臭ったりコバエ発生の元になることも。そこでいっそのこと三角コーナーは使わず、新聞紙のゴミ箱を作って生ゴミを入れてみる事にしました。新聞紙は消臭、除湿、虫よけにもなる優等生普通の紙は水分をはじくよう表面が加工されていますが、新聞紙は無加工なので水分を...

記事を読む

2016-06-03 生活(旧ブログ)
地震などの災害時、家の中で食器やガラス、蛍光灯が割れて床に飛び散ったり、家具の倒壊で玄関までたどり着けず、スリッパのまま窓から外へ避難したり…等あるようです。そんな時のために「ベッド脇にスニーカーを備えておくと良い」なんてよく聞きますね。我が家もそうしようかな?と考えたのですが、災害は昼夜関係なく起こるわけで、日中の場合はかえって寝室まで遠いなんてことも…スリッパをクロックスに変えて生活するいっその...

記事を読む

2016-06-01 生活(旧ブログ)
虫歯になると歯痛だけではなく様々な病気が誘発される場合があります。咀嚼力が落ちれば胃腸が悪くなり、噛み合わせが悪いと頭痛や肩こりに。虫歯を放っておくと、血管に菌が入り込んで脳炎や敗血症を起こすことも。というわけで健康面を考えても歯の維持はとっても重要。ズボラな私でもできる虫歯予防を調べてみました。虫歯の原因原因は口の中にいる虫歯菌です。この虫歯菌、炭水化物や糖質が大好物で口の中に入ってくる食物を食...

記事を読む

新聞紙のゴミ箱で生ごみのニオイとコバエを防ぐ

新聞紙 ゴミ箱

生ゴミの捨て場に三角コーナーを使ってる方は多いと思います。普通三角コーナーはシンクの中にあるので、どうしても水がかかってしまい湿気もこもりがち。特に夏は臭ったりコバエ発生の元になることも。そこでいっそのこと三角コーナーは使わず、新聞紙のゴミ箱を作って生ゴミを入れてみる事にしました。


新聞紙は消臭、除湿、虫よけにもなる優等生

普通の紙は水分をはじくよう表面が加工されていますが、新聞紙は無加工なので水分を吸収してくれます。また、新聞紙のインクには消臭の効果があるためゴミ箱にはもってこいなのです。
防虫(コバエやゴキさん)の点ではあまり期待できませんが、市販の「キッチン用虫よけスプレー」をひとスプレーするだけで新聞紙が薬剤をよく吸い込んで箱ごと虫よけができます。


新聞紙ゴミ箱の作り方


新聞 ゴミ箱1
新聞 ゴミ箱2 
新聞 ゴミ箱3



この状態で重ねて保管しておきます。ちなみに湿気を取りたい場所に保管すると除湿になりますよ。
使う際は…
新聞 ゴミ箱 完成 
ちょっとわかりづらくてスミマセン。でも実際ガバッと広げてみればすぐわかると思いますw


新聞紙のゴミ箱は必ず一日で捨てること

生ゴミの量が少なかったとしてもゴミ箱を翌日まで持ち越さない事。新聞紙は日にちが経つとあっという間にダニや虫の温床になります。普通のかわいたゴミなら問題ありませんが生ゴミを捨てる場合は当日中にまとめてビニールに入れて捨てましょう。


新聞紙のゴミ箱を使ってみて

・コバエが発生しなくなった
・シンクには入れず、まな板の横に置いておいたので生ゴミの乾きが早い
・シンクの掃除が楽
・ゴミの量が新聞紙分増えた
・折るのが面倒

とにかくあのイヤなコバエが発生せず予想以上の成果でした。また、今まで濡れた生ゴミをビニール袋に入れるのがとても気持ち悪かったので、今後も新聞紙のゴミ箱は活用しようと思いました。
折るのが面倒…とは書いたものの、実際はテレビ見ながらスパスパ折れます。コツはいっぺんに大量に作らない。週1回7枚程度と決めた方が続けられます。

 カテゴリ
 タグ
None

災害時の対策・スリッパをクロックス(サンダル)に

災害時 スリッパ
地震などの災害時、家の中で食器やガラス、蛍光灯が割れて床に飛び散ったり、家具の倒壊で玄関までたどり着けず、スリッパのまま窓から外へ避難したり…等あるようです。そんな時のために
「ベッド脇にスニーカーを備えておくと良い」
なんてよく聞きますね。我が家もそうしようかな?と考えたのですが、災害は昼夜関係なく起こるわけで、日中の場合はかえって寝室まで遠いなんてことも…

スリッパをクロックスに変えて生活する

いっその事スニーカーで生活することも考えたのですが、重いし蒸れるし歩くたびうるさいし脱ぎ履きが面倒…。そこでクロックスはどうかな?と試してみました。といってもブランドにこだわる必要は無く、イザという時にかかとがホールドできて、ガラスなどが貫通しづらい厚底のサンダルならOK。
スリッパよりはマシというレベルですが、靴裏にすべり止めもついており外も問題なく歩けるので、建物内からの一時避難には十分かと思います。

家の中でサンダルってどうなの?

実際に一年間スリッパがわりにサンダルで過ごしてみました。

良い点
・スリッパ特有の「パタパタ」音がしない
・足裏にフィットするので疲れにくい
・水でジャブジャブ洗えて乾くのも早い
・ホルダーを足の甲側に倒しておけばスリッパと変わらない

悪い点
・見た目に落ち着きがない
・スリッパに比べて高額
・夏はベタベタして蒸れる
・裏がゴムなのでカーペットが傷みそう(我が家は大丈夫でしたが…)

最初は抵抗ありましたが、慣れてしまえばまったく問題ありませんでした。足裏がベタベタする夏は100均のメッシュインソール(靴の中敷き)を使っています。サラサラで快適なのでスリッパの方にもおススメw
ともあれ自分の足に合った良いサンダルに巡り合えるというのが一番かもしれません。

確実にケガを避けたい人には防災用スリッパを

最近ではパッと見が普通のスリッパでも、中に鉄板や銅板などが入っている防災用スリッパが販売されています。鉄や銅だなんて「修行か?」ってくらい重たいイメージですが薄くて軽い素材を使っているようです。いくら厚底のサンダルでも角度によってはガラスの破片などは貫通してしまうかもしれません。堅実にいくなら防災用スリッパをおススメします。
 カテゴリ
 タグ
None

虫歯予防・歯磨き編

虫歯 糖質 酸性

虫歯になると歯痛だけではなく様々な病気が誘発される場合があります。咀嚼力が落ちれば胃腸が悪くなり、噛み合わせが悪いと頭痛や肩こりに。虫歯を放っておくと、血管に菌が入り込んで脳炎や敗血症を起こすことも。というわけで健康面を考えても歯の維持はとっても重要。ズボラな私でもできる虫歯予防を調べてみました。

虫歯の原因

原因は口の中にいる虫歯菌です。この虫歯菌、炭水化物や糖質が大好物で口の中に入ってくる食物を食べては『酸』を放出します。この酸が徐々に歯を溶かしてしまい、虫歯となるわけです。だから食後の歯磨きが重要なのですね。


歯磨きのポイント

・みがき残しをとにかく減らす
電動歯ブラシや普通の歯ブラシでかなり丁寧に磨いたとしても約50%、なんと半分のみがき残しがあると言われています。みがき残しがあると、虫歯菌は常に酸を放出しつづけますので、みがき残しが多い所は虫歯ができやすい所となるのです。
みがき残し 多い所

・歯ブラシだけではなく補助器具を使う
歯間ブラシやデンタルフロス、ワンタフトブラシなどの補助器具を使いましょう。私の場合どうも歯間がギュウギュウで糸系のモノでも入らない為、ワンタフトブラシを使っています。

ワンタフトブラシ みがき残し

先端がとても小さいので、歯一本一本を意識しながら磨くことができます。夜はテレビを見ながら普通の歯ブラシで磨いて、その後「仕上げはタフトさ~ん」とか言いながらワンタフトブラシで鏡を見ながらしっかり磨いています。

・フッ素入りの歯磨き粉を使う
フッ素は酸で溶けた歯を再生させてくれます。現在ほとんどの歯磨き粉にはフッ素が配合されていますが、配合量などは各メーカーで差がありますので店舗等で調べてみるとよいかもしれません。
歯磨き粉の量ですが、随分以前から歯磨き粉は少な目に…と言われていますね。みがく為だけなら少な目で良いのですが、フッ素の力をキチンと出す為には歯磨き粉の適量(説明書通りの量)を使う事をおススメします。※ちなみにフッ素は進行してしまった虫歯を完治させるなどの効力はありません。

・すすぎは少量の水で一回程度
歯磨き後はしっかりすすがないと気持ち悪い…と思われるかもしれませんが、何度もすすぐとせっかくのフッ素を流してしまう事になります。まず口内の泡をできるだけ吐き出して少量の水(大さじ3杯くらい)ですすぎましょう。フッ素が歯に沈着するには少々時間がかかるので、2時間くらいはなにも口にしないでおきます。

・マウスウォッシュやデンタルリンス類(医薬部外品)にフッ素は配合されていない
歯磨きの後にマウスウォッシュやデンタルリンスでうがいをするとフッ素が流されてしまいます。同じように2時間くらい間をあけて使用しましょう。

定期的な歯科検診を

スウェーデンでは国民の約90%が歯医者にて定期検診を受けているといいます。比べて日本は28%…というのは昔の話。最近は随分と増えて48%(2012年ライオン調べ。検診期間は不明)。私はもっと少ないかと思っていました。日本、がんばってる!

食事って暮らしの中で大きな喜びの一つですよね。いつまでも自分の歯で美味しく食べられるよう、家族全員で虫歯予防と定期検診をしていきたいと思います。

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © くらしのコト~認知症の生活と工夫~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます