月別アーカイブ:2017年05月

2017年05月の記事一覧。認知症と糖尿病の介護生活を4コマで綴っております

2017-05-28 介護者の心と身体
必ずあるって言ったじゃない!嘘つき!あ、悟りロボはコチラが初登場でしたwあれもこれも…と頭がいっぱいになったら書き出してみる日々介護をしていると、悩み事ってたくさんありますよね。直接介護の事じゃなくてもピタゴラスイッチ的に連鎖して何だかやる事がいっぱいになっちゃって全然先に進まない!そんな時、私は悩み事の箇条書きをします。(チラシの裏とかに走り書き程度ですが…)頭の中にある問題点や悩み事を外に出して...

記事を読む

2017-05-18 高齢者の心と身体
この句はきみまろ師匠あたりのお言葉でしょうか(母江さんは大ファン)ちなみにこの時お風呂は2週間程入ってませんでしたw他者と関わると脳が活性化する家族を含め、様々な人と関わる事は認知症予防策の一つです。ただの何でもないおしゃべりでも、耳で聞いて内容を理解して、表情やら声のトーンやらで相手の感情をくみ取ってやっと自分の返す言葉を考える。コレほぼ一瞬でやってるのスゴイですよね、脳みそエライ。その他にも会...

記事を読む

2017-05-10 病気の知識(認知症)
恐らく「勝ってる」という言葉にのみ反応したのだと思いますが、ちょっとチョロ過ぎやしませんか母江さん…忘れてしまっても「感情」は残る認知症の人は記憶障害がある為、出来事や状況をすぐに忘れてしまいます。しかし何もかも忘れてしまう訳ではありません。感情にかかわる部分はしっかり残ります。公園を散歩した事は忘れても「楽しかった、嬉しかった」「悔しかった、悲しかった」という感情は残ります。なぜそうなるのでしょ...

記事を読む

2017-05-03 高齢者の心と身体
 まあ、なんかイイ感じに赤ら顔になってたんで、アリかな、と。 やっぱり、いくつになっても女性はキレイでありたいのです。どんなにシワやしみで覆われようが「お若いですね」「おキレイですね」と言われたい。アタイだって正直、そう言われたい。言われたい。言われたいんじゃ……化粧の効果年齢関係なく、人からどう見られているかって気になりますよね。だから鏡を見ると「鼻毛が出てる!」「ヨダレの跡が!」「眉毛つ...

記事を読む

悩み事は箇条書きに

問題はひとつづつ
必ずあるって言ったじゃない!嘘つき!
あ、悟りロボはコチラが初登場でしたw

あれもこれも…と頭がいっぱいになったら書き出してみる

日々介護をしていると、悩み事ってたくさんありますよね。
直接介護の事じゃなくてもピタゴラスイッチ的に連鎖して何だかやる事がいっぱいになっちゃって全然先に進まない!

そんな時、私は悩み事の箇条書きをします。
(チラシの裏とかに走り書き程度ですが…)
頭の中にある問題点や悩み事を外に出して目で見てみると何故かすごく冷静になれるんです。
「コレは重要」
「コレは様子を見て」とか、
「コレは大した事じゃないな」とか、
「考えても無駄だわ」…と自分の悩みを客観視できて、ある程度の優先順位もつけられます。

この時に気を付けているのは「愚痴のオンパレード」にならないようにする事。
愚痴を文章にしてしまうと忘れてしまえるモノもしっかりインプットされて、さらに怒りや不満が増幅する可能性があります。あくまで解決の「方法」を探るために書きます。

頭の中の「どうしよう」を少しでも減らそう

問題点をひとつづつ見ていくと、すぐに解決方法が思い浮かぶものや、全然思い浮かばないもの、色々あると思います。でも「とりあえずAをやってみよう」とか「その時々で対応しよう」とか、なにがしかの「方法」があると思うのです。
頭の中で問題点に対して「どうしよう」ではなく「ああ、しばらく様子を見ようと決めたんだった」と「方法」が決まっていれば「どうしよう」という悶々としてしまう時間が減るので、私は時間の無い時でも(逆に時間が無い時ほど)箇条書きで「問題の解決方法」をみつけるようにしています。

 カテゴリ
 タグ

積極的に他者と関わろう

認知症予防・他人と関わろう
この句はきみまろ師匠あたりのお言葉でしょうか(母江さんは大ファン)
ちなみにこの時お風呂は2週間程入ってませんでしたw

他者と関わると脳が活性化する

家族を含め、様々な人と関わる事は認知症予防策の一つです。ただの何でもないおしゃべりでも、耳で聞いて内容を理解して、表情やら声のトーンやらで相手の感情をくみ取ってやっと自分の返す言葉を考える。コレほぼ一瞬でやってるのスゴイですよね、脳みそエライ。その他にも会釈したり脱帽したり歩みを止めて相手と自分が話しやすい環境を作るなど、動作にも変化が加わります。身だしなみにも気を使いますよね。
「たったそれだけで活性化?」と普通に生活している私達には何だか物足りないような気もしますが、高齢の、特に一人で暮らしている方にとっては大変な変化です。日々同じ場所に座ってテレビを見て、たまに動いたと思ったらご飯とトイレ…となれば本人の目に入ってくる景色(情報)はずーっと変わらず、行動もワンパターンで思考も刺激もほぼ無い状態。この状態の人が外出して他者と関わったら…脳みそはフルに働き始めると思うんです。
社交的な人に比べて、閉じこもりがちな生活をしている人が認知症になるケースは約8倍にもなるとか。デイでもお散歩でもお買物でも、なるべく一日一回は外出して社会と関わって、できれば近所の方や店員さん等と会話できるといいですね。

快いイメージで生活してもらおう

コミュニケーションの基本
恐らく「勝ってる」という言葉にのみ反応したのだと思いますが、ちょっとチョロ過ぎやしませんか母江さん…

忘れてしまっても「感情」は残る

認知症の人は記憶障害がある為、出来事や状況をすぐに忘れてしまいます。しかし何もかも忘れてしまう訳ではありません。感情にかかわる部分はしっかり残ります。公園を散歩した事は忘れても
「楽しかった、嬉しかった」「悔しかった、悲しかった」
という感情は残ります。

なぜそうなるのでしょうか。
例えば私達が誰かと言い争いをして腹が立っても「私の為に言ってくれたことかもしれない」とか「自分も悪かったな」とか理性や状況判断で感情をコントロールしています。しかし認知症の人は何が理由で誰に何と言われたのかという状況を覚えていられないため「腹立たしい」という感情のみが残ってしまう…という訳です。

感情が支配する世界で生活をしている訳ですから、これはちょっと大変ですよね。認知症でない私だって感情を抑え込んだり自分を納得させたりってすごく難しい事です。
それでも多分母江さんより私の方がまだコントロールはきくハズなので、マイナス感情の時はまず私が機嫌よく楽しくするよう頭のスイッチを切り替えるようにしています。感情って伝染するので(感情感染)よっぽどの事がない限り母江さんも笑顔になりますから、まぁお互い笑っちゃえば大抵大丈夫、と思ってますw

お化粧して出掛けよう!

高齢者と化粧 
まあ、なんかイイ感じに赤ら顔になってたんで、アリかな、と。 

やっぱり、いくつになっても女性はキレイでありたいのです。どんなにシワやしみで覆われようが「お若いですね」「おキレイですね」と言われたい。アタイだって正直、そう言われたい。言われたい。言われたいんじゃ……

化粧の効果

年齢関係なく、人からどう見られているかって気になりますよね。だから鏡を見ると
「鼻毛が出てる!」「ヨダレの跡が!」「眉毛つながってる!」
等々、一歩でも一ミリでも修正できるところは修正したくなるのです。
今更ねぇ…とか、もう婆さんだもん、とか言ってる人だって周囲の声かけ次第で少しづつ興味を持ってくれるはず。
ちょっと肌が明るくなるだけで見た目はかなり変わります。それを本人に感じてもらえればポジティブな感情がブワッと湧き出て自分に関心が向き、女性である事を再認識してもらえるかも。

脳トレも勿論素晴らしいのですが、お化粧だって脳にとってもイイんですよ。洗顔からの手順や、使う道具の機能や化粧品の効果、自分に合うかどうかまで、すごく考えますから。

注意点は、あまりケバケバしくせずナチュラルに。高齢者は目があまりよくない方も多いので、お化粧は明るい部屋で行うと良いですね。

あと全然関係ないんですがドラマ「相棒」の鑑識に米沢さんが帰ってくることを切に切に願っております…
 カテゴリ
 タグ
Copyright © くらしのコト~認知症の生活と工夫~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます