福祉機器展示 

母江さん「コレに座ってテレビ見たい」

との事。ぐうたら願望が強すぎる。


実際に使用できる「福祉機器常設展示場」

『福祉機器の常設展示場』は福祉展示イベントとは違い、期間を設けず常に福祉機器を展示している場所です。介護保険を使ってレンタルや購入ができるいわゆる「福祉用具」はもちろん、それ以外の「介護用品」などの様々な福祉機器が展示されています。

展示場では、用具を実際に使って感触を確認できます。ブレーキの握りや折りたたむ時の動作、肌触り…等々。

購入前にお試しできる場所があるのはありがたいなぁと思いました。介護用品は高価なものが多いですから、購入してから「使えなかった」はできるだけ避けたいものです。


欲しい用具が置いてあるか事前に問い合わせて

当然ですが日本中の福祉機器が全て展示されているわけではないので、ターゲットの用具やそれに近い用具が何種類ぐらい置いてあるか事前に確認する必要があります。福祉機器の専門家から説明を聞く事もできますので、その際も専門家がいる時間帯などを聞いておくと良いでしょう。


一般財団法人保健福祉広報協会が運営する福祉機器の常設展示場は全国各地にあります。包括支援センターに相談すると場所や使用方法など詳しい説明が受けられます。お住まいの近くに展示場があるようでしたら利用してみてはいかがでしょうか。フラッと立ち寄るだけでも「へぇこんなのがあるんだ」と介護のヒントになる発見があるかもしれません。

関連記事
 タグ