ちょっと油断するとすぐたまる洗い物。
シンク周りがゴチャゴチャだと『料理のやる気』なんてすぐどっか行っちゃって全然帰ってきませんもの。で、どうしたらシンクがいつもスッキリ何もない状態を保てるのかしら…?と考えて、実践したら一切たまらなくなりましたw

結論から言うと
『とにかく自分がやるしかない』
につきます。

食洗機を買う、スポンジを新しくして気分をアゲる、食器自体を減らして洗わないとご飯が食べられなくする…工夫は色々ありますが、何にせよ物理的に絶対いつか自分がやらなきゃ片付かないのは事実。

私の場合、シンクに洗い物がたまる一番の原因は「言い訳」です。
食べ終えて、さぁ洗うか。という時
「ちょっとつけ置きしてふやかそう」
とか
「ひと休みして後でまとめて洗おう」
とか
とにかくやらない都合のいい正論をブチ上げます。
そうするとアッという間にたまっちゃって、
たまるともうウンザリしてまた洗いたくなくなって、
シンクもずっと湿気っぽい油っぽいで、すぐ汚れてカビも生えます。
こんな事の繰り返しでした。

で、原因を絶つ為に何をしたかと言いますと

「誰もやってくれないこれは自分の仕事」
だと徹底して自分を納得させました。
※「主婦だから洗い物が仕事」って訳じゃなくて、自分が決めた仕事って意味です
日々、ライバルも上司も時間制限もない状況にひたすら甘えてたんですね。

もう一つは
「ごちそう様の後はエプロンとリストバンドをする」
です。絶対です。特にリストバンド。腕まくりをしないで食器をシンクに持って行くと袖が落ちてきてそれだけでやる気が削がれるし「濡れちゃうから」っていう幼稚な正論がまた襲って来るので絶対にリストバンドをして食器を片付けます。

最後は
「お皿一枚でも洗う・ためない」
です。例えコーヒー飲んだ後だって、ごちそう様ですから必ずエプロンとリストバンドをして、いざ!状態にします。「ためてからまとめて洗った方が水道代が…」そんな事は絶対絶対ありえません!食べた直後の汚れの方が圧倒的に落ちやすい!あれだけカビの生えたシンクの汚れ落としにどれだけの水と洗剤を使ったか忘れたとは言わせない!

やはは、自分の事ですのでつい熱くなりました。もしかしたら当てはまる方がいるかな?と思って書いてみましたがいかがでしょう。とにかく「やらないための正論」よりも「やるための正論」の方が断然強い事を自分に言い聞かせるのが私の場合は一番効きました。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None