「モノのおうち」という言葉を知ったのは、恥ずかしながらすっかり大人になった結婚後。どこで、誰に教えてもらったのかまったく思い出せないのですが、聞いた時は「片付けても片付いた気にならない、どこか雑然としているのはモノの住所がキッチリ決まっていないからだ」と軽く感動しました。

散らかってなければ片付け終了?

机の上や床、台所など、目につく場所にモノが散乱している状態から片付けを開始して、コレは引き出し、コレは物置、コレはえっとどうしよう、いいやここら辺に入れとこう…とモノをしまえばパッと見キレイになります。
でも「ああ片付いた!気分がいい!」とはならない。だって知ってるんですもの。さっきの引き出しや物置が全然片付いてない事。適当に突っ込んだモノに対する「また今度…」という仕事の先送りをした事実だって心の隅にちょっと残ってますし。
そして引き出しや物置を開ける度に「あーやらなきゃ…」とガックリするのです。

モノのおうちを決める事でしまう場所が片付く

モノのおうちはペン一本から細かく決めず、かと言ってあまりに大雑把でもいけません。筆記用具は引き出しのこの箱の中、など開けた時に「探さない程度のカテゴリ分け」を意識しています。
例えば「筆記用具」というくくりの中にホッチキスや輪ゴム、クリップなどを入れるとたちまち乱雑になって目的のモノを探す手間が発生します。見た目も悪いですし、おうちと呼ぶにはあまりにも親戚一同ザコ寝感がすごい。輪ゴムはどう考えても近所のおじさんだし。
区画を分けて場所を決めると、不思議な事にそのモノの存在感がグッと増します。ゴチャっといっしょくたになってる時よりも大切に思えてきて、使い終わった後もポイと投げ入れず、感謝しつつ収まり良く仕舞うようになりました。

モノは突然ボンと出現しない

頂き物、子供さんが拾ってきた、何かのオマケ、そういったモノ以外はほとんど自分の意志、もしくは家族の希望で購入していると思います。長い年月をかけてひとつづつ。ですので、買い物の際は全てのモノにおうちの設定をしてから購入するようにしましょう。逆におうちになるスペースがなければ購入しない。
かと言ってスペースがあるからその場所を埋めるように買い物するなどは目的をはき違えており、お金も場所も非常に無駄です。前述の通り、思わぬ頂き物などがあるかもしれませんから、スペースはできるだけ開けておくのが良いかと思います。そのほうが見た目もスッキリお掃除も楽ですねv

モノのおうちを買う時は一段と慎重に

小さな小物入れ、果ては大きなカゴ、引き出しの中の仕切り板まで、整頓する為に必要なモノってありますよね。ビシッと美しく揃えたい!と張り切って買ったはいいものの、実際使ってみたら勝手が悪かったり入りきらなかったりすることがあります。サイズは勿論、入れるモノや場所によって通気性や防水性なども考慮して購入します。
見えない場所の美観はあまり気にしない、清潔でキチンとしていればいいという方は段ボールや空き箱、空き缶をガンガンに再利用してください。押入れの中等はちょっとしたパズル状態になりますがハマった時は大変楽しいものです。また小さな事ですが再使用という立派なリユースですので貧乏くさいなんて思わず、胸を張って使えるものは最後まで使いましょう。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None