5月は陽射しポカポカ、若葉の香りが混ざる風、とっても気持ち良いですね。と、同時に紫外線が気になってくる季節。
春と夏の紫外線量は同じだと勘違いされていますが、日本で一番紫外線が多い時期は7月~8月です。日本上空のオゾン層は春に厚くなり、夏には薄くなるんですって。紫外線はオゾン層で吸収されるので、春は夏よりも紫外線は少ないのです(『気象庁・紫外線に関する質問』より参照)

春だって紫外線対策は必要

地上に降りそそぐ紫外線にはAとBの2種類があります。
紫外線 UV A B


Aはオゾン層だろうがガラスだろうが表皮だろうが突き抜けて真皮に到達。
しわやたるみの原因になります。
Bはオゾン層に半分ほど吸収されます。ガラスは突き抜ける事ができません。
しみ、そばかす、サンタン(日焼け)の原因になります。
夏より少ないとはいえ春の陽射しにも紫外線はガッツリありますから、日傘や帽子などでしっかり対策しましょう。

紫外線から目を守る

皮膚はUVクリームなどの対策をとっている方も多いかと思いますが、『目』の対策はどうでしょう。眼球は強い紫外線を浴びると視力の低下や白内障、角膜炎などを起こしやすくなります。
また、紫外線により角膜が炎症を起こすと、脳が反応してメラニン色素を生成するよう体内に指示を送ってしまうため日焼けにつながってしまうのです。

紫外線から目を守るには帽子やサングラスが最適です。
サングラスは濃い色を選んでしまいがちですが、色が濃い(暗い)と眼球の瞳孔が開き、より多くの紫外線を浴びてしまいます。色よりも紫外線をカットしてくれる(紫外線透過率の低い)サングラスを選びましょう。

紫外線をカットしてくれる素材

カーディガンや帽子、日傘など「UVカット99%!」と書かれている商品、沢山ありますよね。
注意したいのは、綿などの天然繊維に紫外線吸収剤を付ける加工をほどこしたもの。これは洗濯や使用頻度によって効果は徐々に薄れてしまうそうです。
長く使いたいのであれば、繊維自体に紫外線カットや吸収する効果があるもの(酸化チタンやセラミック)を選びたいですね。
 ちなみに、アルミホイルは紫外線を100%カットしてくれるのですが、身体に巻き付けるとすごく熱そう…

太陽光にはたくさんのメリットもあります

しかし、紫外線を避けるあまりに太陽光を一切遮断してしまうのはあまりにもったいない。
太陽光を浴びると体内でビタミンDが作られ、骨を丈夫にしたり免疫力を上げるなどの効果があります。朝日を浴びるとセロトニンが分泌されてすっきり目が覚めますし、15時間後にはちゃんと眠くなるのだそうです。何となく元気が無い、眠れないという時は太陽光をしっかり浴びるとよいかもしれませんね。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None