災害時 スリッパ
地震などの災害時、家の中で食器やガラス、蛍光灯が割れて床に飛び散ったり、家具の倒壊で玄関までたどり着けず、スリッパのまま窓から外へ避難したり…等あるようです。そんな時のために
「ベッド脇にスニーカーを備えておくと良い」
なんてよく聞きますね。我が家もそうしようかな?と考えたのですが、災害は昼夜関係なく起こるわけで、日中の場合はかえって寝室まで遠いなんてことも…

スリッパをクロックスに変えて生活する

いっその事スニーカーで生活することも考えたのですが、重いし蒸れるし歩くたびうるさいし脱ぎ履きが面倒…。そこでクロックスはどうかな?と試してみました。といってもブランドにこだわる必要は無く、イザという時にかかとがホールドできて、ガラスなどが貫通しづらい厚底のサンダルならOK。
スリッパよりはマシというレベルですが、靴裏にすべり止めもついており外も問題なく歩けるので、建物内からの一時避難には十分かと思います。

家の中でサンダルってどうなの?

実際に一年間スリッパがわりにサンダルで過ごしてみました。

良い点
・スリッパ特有の「パタパタ」音がしない
・足裏にフィットするので疲れにくい
・水でジャブジャブ洗えて乾くのも早い
・ホルダーを足の甲側に倒しておけばスリッパと変わらない

悪い点
・見た目に落ち着きがない
・スリッパに比べて高額
・夏はベタベタして蒸れる
・裏がゴムなのでカーペットが傷みそう(我が家は大丈夫でしたが…)

最初は抵抗ありましたが、慣れてしまえばまったく問題ありませんでした。足裏がベタベタする夏は100均のメッシュインソール(靴の中敷き)を使っています。サラサラで快適なのでスリッパの方にもおススメw
ともあれ自分の足に合った良いサンダルに巡り合えるというのが一番かもしれません。

確実にケガを避けたい人には防災用スリッパを

最近ではパッと見が普通のスリッパでも、中に鉄板や銅板などが入っている防災用スリッパが販売されています。鉄や銅だなんて「修行か?」ってくらい重たいイメージですが薄くて軽い素材を使っているようです。いくら厚底のサンダルでも角度によってはガラスの破片などは貫通してしまうかもしれません。堅実にいくなら防災用スリッパをおススメします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None