母江が認知症と糖尿病になった時。
周囲を見渡せば介護できる状況にあるのは自分しかいませんでした。
いや、わかってましたけど。何かあったら私が介護するんだよなぁー…ってのは。でもいざスポットライトをババーンと浴びると「マジか…なんで私なんだ…同級生のみんなは介護なんてしてないのに…」ってなっちゃいましたね。
中には「やったぁ介護できるー!」って超ド級にアレな人だっていらっしゃるかもしれませんが、私はとりあえず「お先真っ暗状態」になりました。
スポットライト 

今はまだ短期記憶障害ぐらいだけど今後どんな症状が出るのか怖い。徘徊、妄想、物取られ、暴力…とても対応できる自信がない。ケガをさせてしまったら私のせいだ。他人にケガをさせてしまうかも。糖尿病だって酷くなったら失明、壊疽…もし人工透析になったらそれこそ私の時間なんかまったくなくなるしお金もかかる。本人の愁訴を全部受け止めなくちゃならない。どんなに頑張ったってお金になる訳もなく本人は覚えてない上に「うるさい娘だ」と憎々しく言われるかもしれない。

途方もないネガティブエネルギーが私を往復ビンタしてきます。かなり強めに。
そして残念ながら上記のコトって大げさじゃなくリアルにあり得る事なので余計に震えました。


不安をなくすために

なぜ不安なのかといえば、認知症の介護は大変だって知ってるから。見たから。聞いたから。
そうか、過去には問題山積みの介護を乗り越えた様々な猛者がいるんだなぁ…。幸い今はネットや書籍などで解決方法やテクニック、日々の愚痴も共感もある程度は得られる世の中。

情報を集める努力をしよう。
分からない事はどんどん聞こう。
迷ったら相談しよう。
それでも迷ったら自分の「野生のカン」に任そう!

そう思ったらほんの少しだけ気が楽になりました。
知識は愛であり光であり先を見通す力である…ってサリバン先生も言ってたし。
ひとつひとつ解決していけばきっと大丈夫。


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None