糖尿病は膵臓の働きが悪くなり、血糖値が高くなってしまう病気です。糖尿病自体は自覚症状も無く苦しくも辛くもありません。症状がないからと高血糖のまま放っておくと合併症を起こしてしまいます。


①細い血管におこる合併症(糖尿病の3大合併症)

神経障害 
●神経障害…手足がしびれて痛みや痒み、温度などを感じにくくなります。
●網膜症…眼球の毛細血管に傷がつき、失明の可能性があります。
●腎症…腎機能が低下します。人工透析を受ける事も。


②太い血管におこる合併症(動脈硬化)

動脈硬化 

血管の壁にコレステロールがへばりついて血流が悪くなり、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症のような命にかかわる病気を引き起こす危険性が高くなります。


①と②の合わせ技『糖尿病足病変』

糖尿病の方は以下にあげられる要因で糖尿病足変病(とうにょうびょうそくへんびょう)と呼ばれる足の病気になりやすく、重症化すると壊疽をおこし下肢切断の可能性もでてきてしまいます。
足の壊疽 

ケガをしても気づかない
①の神経障害がおこると痛みを感じづらくなりケガや火傷、靴擦れをしても気づかず、また気づいても痛みがないせいで放置してしまいます。

抵抗力の低下
高血糖になると白血球の働きが悪くなり抵抗力が低下。感染症になりやすく治りも遅くなります。

酸素や栄養が十分に行き渡らない
②の動脈硬化(閉塞性動脈硬化症)を起こすと足先まで新鮮な血液を送る事ができず壊疽をおこしてしまいます。


糖尿病足変病の予防には『フットケア』が重要です。特に冬場は靴下を脱ぐ機会が少ないのでお風呂の時など足に傷がないか、変形していないか、触った時に違和感がないか等、足先だけでなくふくらはぎまでしっかり観察して清潔を保ちましょう。


関連記事
 タグ
None