食べ過ぎ防止のメモ
どんどん増えるので頑張らないで下さい

認知症の介護にメモ書きは必須ですよね。
100%ではなくとも、ある程度の威力を発揮してくれるメモ書き。私はこのメモに
大きな字で「して欲しい事」
小さな字で「なぜそうするのか」
の二つを書くようにしています。

今回の場合ですと
大きな字で「少しづつ食べてください」
小さな字で「豆は消化に良くないからね」
指示だけバーンと書いてあるより、オマケの理由も書いてあると
「ああ、そういう事か」とイヤな気分にならず納得して実行してくれるかも…
よく噛んで食べてくれるかも…
食べる量をセーブしてくれるかも…
という希望的観測で書き足しています。

もちろん全然効力が無い場合もあります。
メモ書きに対する期待値は半分くらいにしておくと良いかもしれませんね。
紙の大きさ、ペンの色、貼る場所、文章…思考錯誤の繰り返しです。
伝われ伝われー!と念を込めてw

関連記事
 タグ