コミュニケーションの基本
恐らく「勝ってる」という言葉にのみ反応したのだと思いますが、ちょっとチョロ過ぎやしませんか母江さん…

忘れてしまっても「感情」は残る

認知症の人は記憶障害がある為、出来事や状況をすぐに忘れてしまいます。しかし何もかも忘れてしまう訳ではありません。感情にかかわる部分はしっかり残ります。公園を散歩した事は忘れても
「楽しかった、嬉しかった」「悔しかった、悲しかった」
という感情は残ります。

なぜそうなるのでしょうか。
例えば私達が誰かと言い争いをして腹が立っても「私の為に言ってくれたことかもしれない」とか「自分も悪かったな」とか理性や状況判断で感情をコントロールしています。しかし認知症の人は何が理由で誰に何と言われたのかという状況を覚えていられないため「腹立たしい」という感情のみが残ってしまう…という訳です。

感情が支配する世界で生活をしている訳ですから、これはちょっと大変ですよね。認知症でない私だって感情を抑え込んだり自分を納得させたりってすごく難しい事です。
それでも多分母江さんより私の方がまだコントロールはきくハズなので、マイナス感情の時はまず私が機嫌よく楽しくするよう頭のスイッチを切り替えるようにしています。感情って伝染するので(感情感染)よっぽどの事がない限り母江さんも笑顔になりますから、まぁお互い笑っちゃえば大抵大丈夫、と思ってますw

関連記事